秋を満喫♡「おとなの文化祭」@京都市北区Ripple+ing Garden

食欲の秋
芸術の秋の「おたのしみ」を一日に詰め込んだ

贅沢なイベントのご案内。

題して、「おとなの文化祭」!

どなたさまもご参加大歓迎です。
お好きな時間に、
ふらっとお立ち寄りくださいませ♡

*****

秋を満喫「おとなの文化祭」

2018年10月18日(木)

10:30~15:30

会場:京都市北区Ripple+ing Garden
(市バス上堀川より徒歩2分
地下鉄北大路駅より徒歩15分
近くにコインパーキング多数あり)

入場自由・無料

*****

【出店者】

☆過去に丸太町「かもラボ」で週末料理人をしていた
モモちゃんのタイカレー(数量限定)

【Bali Thai】足つぼマッサージ

数秘と刺繍【みるまに】
・くるみボタン刺繍ワークショップ
・数秘ミニセッション

【under tree】
・すこやかなおやつ


(米粉のブルーベリーケーキ
先日、別のイベントで食べたもの)

【Aviator Wine】
・オーストリアワイン

☆おとなのローチョコレート

【杉山佳苗珈琲焙煎】
・カフェイン精霊と繋がる自家焙煎珈琲

【Atelier arrosoir】
・ハーバリウム作り ワークショップ
・プレザーブ・ドライフラワーアレンジメント

【Pepper 英語教室】
・英語に恋しよう♡「B.B.カード体験会」

☆more to come!


*****

【主催】
橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
「Pepper 英語教室」主宰

「遊びながら英語が身につく☆B.B.カード体験会」もリクエスト開催

通信教材で英語早期教育、フラッシュカード、
お家英語(親が子供と英語で話す)…等々

ちまたには、子どもの英語教育に関する情報が溢れています。

「△△さんところの子どもさんは、
〇〇をして英語がペラペラになったらしい」

そんな話を聞くと、〇〇に飛びついてしまいたくなるのが親心。

でもちょっと待って!

「英語がペラペラ」って具体的にはどういうこと?

△△さんところの子どもさんと、
自分の子どもは感性も学習スタイルも違うかもしれませんよ。

一番大切なのは、「楽しんで続けられるかどうか」
「将来的に必要な英語力の土台をしっかりと築けているかどうか」
ではないでしょうか。

そしてこのB.B.カード、
なんと大人の英語学習にも役立つスグレモノ!!

子どもから大人まで、みんなで遊んでいるうちに
英語の言語感覚を身につけることができるのです。

*****

私 橋爪ひとみが、数々の英語教授法に触れてきた中で、
一番手応えを感じているB.B.カード。
実際に手にとって触れて一緒に遊んでみませんか?

お家での英語学習にB.B.カードを取り入れたいという親御さんのために、
保護者のためのB.B.カードクラス、

遠方の方も通いやすいように
月イチ親子B.B.カードクラスもいいかも?など、
あれこれ考えています。

詰め込みや大量の宿題にうんざりしてしまう「英語」ではなく、
楽しさ、わかる喜び、育ち合い学び合う子ども同士の心の交流、
そんな明るさに溢れた「英語」のイメージを持って
子どもたちが成長してくれたらと願っています。

まずはお気軽に、体験会へお越しくださいませ♡

*****

『遊びながら英語が身につく☆BBカード体験会』

・2018年9月25日(火) 16:30~17:20
・    10月1日(月) 13:00〜13:50

対象:B.B.カードで遊んでみたい方ならどなたでも

参加費:500円

会場:京都市北区 Ripple+ing Garden
(最寄り駅 市バス東高縄町より徒歩2分・地下鉄北大路駅より徒歩15分)
(近くにコインパーキング多数あり)

講師:橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
「Pepper 英語教室」主宰

略歴→ブログAboutページにて

・英語検定1級(優良賞受賞)
・TOEIC960点
・国連英検A級

*****

お申込み、お問い合わせは
メッセンジャー『京都☆Ripple+ing Garden』経由、
またはHitomi Pepperホームページ内の「Contact」フォームよりお願いします。

参加希望日・参加人数・お名前・ご連絡先を
お知らせくださいませ。

2~3日経っても返信がない場合は、
メッセージが届いていない可能性がありますので
恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。

*****

【関連記事】

「橋爪ひとみの英語歴」

「Pepper English4年間の歩み」

「自己肯定感・想像/創造力・コミュニケーション能力をはぐぐむ橋爪ひとみ英語クラス 10月新規生徒募集について」

「前回のBBカード体験会の様子」

以下ブログ記事内に各関連記事リンクを貼り付けています⬇⬇⬇
http://hitomi.pepper.jp/2018/08/30/%E3%80%8E%E9%81%8A%E3%81%B3%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%8C%E8%BA%AB%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%8F%E2%98%86bb%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E4%BD%93%E9%A8%93%E4%BC%9A%E3%80%8F9/

「英語教育どうしていますか?」お話会満席御礼☆追加開催決定!

先週開催した
「子どもの英語教育どうしていますか?」お話会✕3回。

おかげさまで全て満席となり、
30名以上の方がご参加くださいました。
先週に入ってからの お話会3回と体験会4回で、
のべ60人ほどが私の話と英語クラスに興味を持ち、
Pepper英語教室へ足を運んでくださったことになります。

おかげさまで10月開講クラスも、
席が埋まってきており、自宅小学生クラスは全て残席わずか。

未就学児クラス・鞍馬口「京都あけぼの文化サロン」小学生クラスは
まだ若干空きがございます。
次回の新規生徒さん募集はいつになるか未定(前回は2年前、前々回は4年前でした)。

英語が使えたら人生面白くなるよ!
可能性や選択肢も広がるよ!を体現すべく、
私もまだまだ通訳として英語教師として
チャレンジと進化を続けたいと思います‼︎

参加者の皆さま、ありがとうございました♡

「子どもの英語教育、どうしていますか?」お話会、
前回日程が合わなかった方からのリクエストにお答えし、
追加開催することになりました。

右脳を刺激!Pepper 英語教室。

中学校以降で英語の言語野を育てるための種まき(土壌作り)をするBBカードをメイン教材とし、
言語感覚や思考力を養うことを目的としたレッスン内容。

英語は楽しいもの。自分を表現するための便利な手段。

自分にもできる!成功体験の積み重ね→自己肯定感。

英語の先にあるものに興味を持ち、将来的には自分の意志で主体的に英語を学ぶことのできる子どもを育てる。

これらの項目は、私が母親として三人の息子たちに対して持っている教育観でもあります。

これまで様々な場所・場面で英語を教え、1,000人以上の子どもたちに関わってきた中で感じたこと、これからの教育に求められることについてもお話します。

 

*****

「子どもの英語教育、どうしていますか?
元中学校英語科教諭・現役英語通訳によるお話会」/Pepper英語教室クラス説明会

2018年9月25日(火)15:00〜16:30

2018年10月1日(月)10:30〜12:00

北山堀川Ripple+ing Garden
(お申し込み時に詳しい住所をお知らせします)

参加費:500円(既存クラス生徒保護者の方は無料)

お申込み・お問い合わせはContactフォーム、またはHitomi Hashizumeメッセンジャー経由でお願いします。

※お申し込み時には、参加希望日、氏名、参加人数、連絡先をお知らせくださいませ。2〜3日経っても返信がない場合は、こちらへ届いていない可能性がありますので、お手数ですが再度ご連絡をお願いします。

***

【お話会内容】

・「英語教育」の様々なアプローチ

・自学の力(自分で学ぶ)、
主体的な学びを可能にするアプローチとは

・日本の初等〜高等教育、ニュージーランドの高等教育を経験し、
日本の幼稚園、公立中学校、公立高校、某有名私立大学、大手英会話学校で教壇に立ち、過去4年間小学生に英語を教えてきた私が考える、「ホンモノの英語力」とは

・英語と日本語の違い

・日本人の英語が通じにくい理由

・BBカードを通して、私にできること

・「英語さえ話せれば幸せになれるの?」本当の意味での幸せとは何?
コミュニケーション能力について

・母語の重要性

・子どもの「英語教育」のためにお家でできること

《橋爪ひとみ》
京都市北区紫竹生まれの紫竹育ち。

京都府立朱雀高等学校人文系クラス中退
NZグレンフィールドカレッジ編入・卒業
NZオークランド大学卒業(文学部 教育心理学専攻)

佛教大学通信学部英語英米文学科三年次編入・卒業

中高一種教員免許(英語)
実用英語検定一級合格(優良賞受賞)
TOEIC960点

世界最大のNutrition School
Institute for Integrative Nutrition(NY)にて
ホリスティックヘルスコーチ資格取得

9・7・5歳三兄弟の母

現在はフリーランス英語通訳
『Pepper 英語教室』主宰
発達支援センターでも小学生に英語を教えている。

*****

メイン教材としているB.B.カードの体験会も、説明会に合わせて開講します。

『遊びながら英語が身につく☆BBカード体験会』

・2018年9月25日(火) 16:3017:20
・    10月1日(月) 13:00〜14:20

対象:B.B.カードで遊んでみたい方ならどなたでも

参加費:500

会場:京都市北区 Ripple+ing Garden
(最寄り駅 市バス東高縄町より徒歩2分・地下鉄北大路駅より徒歩15分)
(近くにコインパーキング多数あり)

講師:橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
「Pepper 英語教室」主宰

略歴→☆

・英語検定1級(優良賞受賞)
・TOEIC960点
・国連英検A級

*****

お申込み、お問い合わせはメッセンジャー『京都☆Ripple+ing Garden』経由、
またはHitomi Pepperホームページ内の「Contact」フォームよりお願いします。

参加希望日・参加人数・お名前・ご連絡先をお知らせくださいませ。

23日経っても返信がない場合は、メッセージが届いていない可能性がありますので恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。

*****

【関連記事】

「橋爪ひとみの英語歴」

Pepper English4年間の歩み」→

「自己肯定感・想像/創造力・コミュニケーション能力をはぐぐむPepper英語クラス 10月新規生徒募集について」→

前回のBBカード体験会の様子はこちら→

【10月新規開講・生徒募集中クラス】

大人クラス、親子クラスは、ご要望がございましたら
お知らせください。

火曜クラス(鞍馬口「京都あけぼの文化サロン」)

16:30~17:20(小学生低学年~中学年)
17:30~18:20(小学生中学年~高学年)
18:50~19:50(中学生)(※残席1)

水曜クラス(北山堀川「Ripple+ing Garden」)

15:40~16:20(年小〜年長)
16:30~17:20(小学生低学年〜中学年)(※残席1)
17:30~18:20(小学生中学年〜高学年)(満席)

木曜クラス(北山堀川「Ripple+ing Garden」)

15:40~16:20(年少〜年長)
16:30~17:20(小学生低学年~中学年)(※残席1)
17:30~18:20(小学生中学年~高学年)(※残席2)

土曜クラス(北山堀川「Ripple+ing Garden」)

9:40~10:30  (小学生低学年〜中学年)(※残席2)
10:40~11:30(小学生中学年〜高学年)(※残席2)
11:40~12:20(年少〜年長)(※残席2)

※各クラス定員6名。
次回新規生徒募集時期は未定。前回は2年前でした。

入会金 5000円

お月謝
中学生 6000円(60分✕月2回レッスン 教材費実費)
小学生 5000円(50分✕月2回レッスン 教材費実費)
未就学児 4000円(40分✕月2回レッスン 教材費実費)

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
「Pepper 英語教室」主宰

*****

【橋爪ひとみ主催イベント】

9/26 英語お茶会

・10/18 おとなの文化祭

・10/28 あけぼのマルシェ

 

右脳を刺激!「Pepper英語教室」年少〜小学生クラス☆生徒募集中!

「子どもの英語教育、どうしていますか?」お話会
本日第一回目のお話会には、すでにPepper英語教室に通っている子どもさんの保護者、子どもの英語教育について興味のある方、ご自身の英語学習について何かヒントを得られたらと参加してくださった妊婦さんなど、12名がお集まりくださいました。

実は、お話会開始直前まで何をどうお伝えすればよいのか、ポイントがうまく絞れず…かなりテンパっておりました。

そして、なぜか先日購入したブローチのことを思い出し、箱を開けて手にとって見ると、数字「3」からのメッセージカードが!
誕生日から割り出す私の本質の数(ライフナンバーやったっけ??)は「3」なのです。

「数秘術&刺繍 みるまに」あつこさん作の この黄色いまんまるブローチを身に着けて、「3」を持つ人の特徴として挙げられているキーワードを読むと、

私が英語クラスを通して、どのようなことを伝えようとしているのか、少しずつクリアになってきました。

そして、作成したのがこのレジュメ。

私の英語クラスを一言で表現するなら「右脳を刺激!!」かな、と。

右脳を刺激!Pepper 英語教室。

中学校以降で英語の言語野を育てるための種まき(土壌作り)をするBBカードをメイン教材とし、
言語感覚や思考力を養うことを目的としたレッスン内容。

英語は楽しいもの。自分を表現するための便利な手段。

自分にもできる!成功体験の積み重ね→自己肯定感。

英語の先にあるものに興味を持ち、将来的には自分の意志で主体的に英語を学ぶことのできる子どもを育てる。

これらの項目は、私が母親として三人の息子たちに対して持っている教育観でもあります。

これまで様々な場所・場面で英語を教え、1,000人以上の子どもたちに関わってきた中で感じたこと、これからの教育に求められることについてもお話。

最後には、英語が苦手な親御さんでも、お家で子どもさんの「英語教育」のためにできることをお伝えし、

「それなら、うちでもできそうです!」
「今日は良いヒントをいただきました」
「おもしろいお話が聞けてよかった!」との喜びの声をいただきました。

お話会終了後には、数名の方が早速10月開講クラスのお申込みをしてくださり、ご要望者が多かったため、未就学児クラスも作る運びとなりました。

【10月新規開講・生徒募集中クラス】

大人クラス、親子クラスは、ご要望がございましたら
お知らせください。

火曜クラス(鞍馬口「京都あけぼの文化サロン」)

16:30~17:20(小学生低学年~中学年)
17:30~18:20(小学生中学年~高学年)
18:50~19:50(中学生)(※残席2)

水曜クラス(北山堀川「Ripple+ing Garden」)

15:40~16:20(年小〜年長)

木曜クラス(北山堀川「Ripple+ing Garden」)

15:40~16:20(年少〜年長)
16:30~17:20(小学生低学年~中学年)
17:30~18:20(小学生中学年~高学年)

土曜クラス(北山堀川「Ripple+ing Garden」)

9:40~10:30  (小学生低学年〜中学年)  (※残席2)
10:40~11:30(小学生中学年〜高学年)(※残席3)
11:40~12:20(年少〜年長)

※各クラス定員6名。
次回新規生徒募集時期は未定。前回は2年前でした。

入会金 5000円

お月謝
中学生 6000円(60分✕月2回レッスン 教材費実費)
小学生 5000円(50分✕月2回レッスン 教材費実費)
未就学児 4000円(40分✕月2回レッスン 教材費実費)

 

*****

 

「子どもの英語教育、どうしていますか?
元中学校英語科教諭・現役英語通訳によるお話会」/Pepper英語教室クラス説明会

2018年9月11日(火)、15日(土)

10:30〜12:00

北山堀川Ripple+ing Garden
(お申し込み時に詳しい住所をお知らせします)

参加費:500円(既存クラス生徒保護者の方は無料)

お申込み・お問い合わせはContactフォーム、またはHitomi Hashizumeメッセンジャー経由でお願いします。

※お申し込み時には、参加希望日、氏名、参加人数、連絡先をお知らせくださいませ。2〜3日経っても返信がない場合は、こちらへ届いていない可能性がありますので、お手数ですが再度ご連絡をお願いします。

***

【お話会内容】

・「英語教育」の様々なアプローチ

・自学の力(自分で学ぶ)、
主体的な学びを可能にするアプローチとは

・日本の初等〜高等教育、ニュージーランドの高等教育を経験し、
日本の幼稚園、公立中学校、公立高校、某有名私立大学、大手英会話学校で教壇に立ち、過去4年間小学生に英語を教えてきた私が考える、「ホンモノの英語力」とは

・英語と日本語の違い

・日本人の英語が通じにくい理由

・BBカードを通して、私にできること

・「英語さえ話せれば幸せになれるの?」本当の意味での幸せとは何?
コミュニケーション能力について

・母語の重要性

・子どもの「英語教育」のためにお家でできること

《橋爪ひとみ》
京都市北区紫竹生まれの紫竹育ち。

京都府立朱雀高等学校人文系クラス中退
NZグレンフィールドカレッジ編入・卒業
NZオークランド大学卒業(文学部 教育心理学専攻)

佛教大学通信学部英語英米文学科三年次編入・卒業

中高一種教員免許(英語)
実用英語検定一級合格(優良賞受賞)
TOEIC960点

世界最大のNutrition School
Institute for Integrative Nutrition(NY)にて
ホリスティックヘルスコーチ資格取得

9・7・5歳三兄弟の母

現在はフリーランス英語通訳
『Pepper 英語教室』主宰
発達支援センターでも小学生に英語を教えている。

*****

メイン教材としているB.B.カードの体験会も、説明会に合わせて開講します。

『遊びながら英語が身につく☆BBカード体験会』

・2018年9月11日(火) 16:0017:00(あけぼの文化サロン)
・    9月12日(水) 10:30〜11:30
・    9月15日(土) 13:00〜14:00

対象:B.B.カードで遊んでみたい方ならどなたでも

参加費:500

会場:京都市北区 Ripple+ing Garden
(最寄り駅 市バス東高縄町より徒歩2分・地下鉄北大路駅より徒歩15分)
(近くにコインパーキング多数あり)
11日のみ、会場は鞍馬口駅より徒歩5分「京都あけぼの文化サロン」となります。

講師:橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
「Pepper 英語教室」主宰

略歴→☆

・英語検定1級(優良賞受賞)
・TOEIC960点
・国連英検A級

*****

お申込み、お問い合わせはメッセンジャー『京都☆Ripple+ing Garden』経由、
またはHitomi Pepperホームページ内の「Contact」フォームよりお願いします。

参加希望日・参加人数・お名前・ご連絡先をお知らせくださいませ。

23日経っても返信がない場合は、メッセージが届いていない可能性がありますので恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。

*****

【関連記事】

「橋爪ひとみの英語歴」

Pepper English4年間の歩み」→

「自己肯定感・想像/創造力・コミュニケーション能力をはぐぐむPepper英語クラス 10月新規生徒募集について」→

前回のBBカード体験会の様子はこちら→

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
「Pepper 英語教室」主宰

*****

【橋爪ひとみ主催イベント】

9/26 英語お茶会

・10/28 あけぼのマルシェ

 

 

英語お茶会・9/26(水)What’s new?~最近どう?~

大好評!!
杉山佳苗珈琲&Eri’s Vegan Sweetsとのコラボ企画「英語お茶会」第7弾【実践編】!


(過去の英語お茶会の様子)

・自己紹介(各自1分ぐらい)
・自己紹介に関する質疑応答
・What’s new?(最近どう?)
に英語で挑戦してみましょう!

まずは「英語を話す」ことに慣れることが目的。
間違いを気にする「減点方式」ではなく、いかに伝えたいことを伝えられるかの「加点方式」
英語に親しんでみませんか?

今回のテーマは「What’s new?(最近どう?)」

この夏は、本当にいろいろなことが起こりました。個人的にもそうでしたし、大雨や地震などの天災などもありましたね…。

そんな中、今回のテーマは「What’s new?」
最近の自分のこと、身の回りのこと、なんでも結構です。
英語で表現!にチャレンジしてみませんか?

最近行ったケーキ屋さんの話でもいいし、
読んだ本、見た映画のことでもOK。

夏休みの出来事、今朝虹を見た、そんなことでもよいのです。

一文だけでも英語で話す、
日本語まじりでも「英語を話す」、ことにチャレンジしてみませんか?


(前回お茶会の様子)

英語初心者さんは見学メインでもウェルカムです。
みんなで、英語の世界ならではの本音トークに花を咲かせましょう!!

*************************

英語お茶会vol.7【実践編】
「What’s new? 〜最近どう?〜」

2018年9月26日(水)10:00〜12:00

会場:京都市北区Ripple+ing Garden
(お申込時に場所の詳細をお知らせします)
(近くにコインパーキング多数あり)
(地下鉄北大路駅より徒歩12分・市バス上堀川駅より徒歩2分)

参加費:2000円
(Eri’s vegan sweets,杉山佳苗ちゃんが淹れる珈琲つき)
(珈琲おかわり一杯につき+200円)

定員:8名

お申込みは「京都Ripple+ing Garden」メッセンジャー経由、または
ブログ内お問い合わせフォームよりお願いします。
2〜3日たっても返信がない場合は、
恐れ入りますが最後ご連絡をお願いします。

**********************

Eri Okada-Berkeleyさんが作ってくださる
アメリカンヴィーガンスイーツ!


(今回はキャロブケーキ♡)

卵・乳製品不使用。
植物性の材料のみを使用したヴィーガンのお菓子です。
加工食品は一切使いません。

Eriさんプロフィール:
岡田バークレー恵理 京都生まれ京都育ち。アメリカはシアトルやハワイでマリオットホテルグループやウォルト・ディズニー・カンパニーに勤めたのち、昨年26年ぶりに京都に戻ったばかり。二条の自宅でEri’s Vegan Cooking Kyotoというお料理教室を月に数回開講中。

**********************

杉山佳苗珈琲焙煎
http://kanaecoffee.ocnk.net

珈琲が飲めなかったのに、佳苗珈琲で珈琲デビューしたという方続出!!Eriさんもその中のお一人。

**********************

左から佳苗ちゃん、私、Eriさん♡
LOVE LOVE LOVEの三人が、みなさまのご参加をお待ちしていま〜す(^^)

Spice up your life with English!
「英語のある人生はオモシロイ!」

Mimi Pepper(橋爪ひとみ)
http://hitomi.pepper.jp/
日英通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

追記:我が家には一人娘の黒猫Gigiがおります。
(二週間ほど前にGigiが出産し、今では仔猫が二匹増えました)
イベント開催中はゲージに入れますが、猫アレルギーの方等おられましたらお知りおきくださいませ。

「子どもの英語教育、どうしていますか?」元中学校英語科教諭によるお話会

「我が子には英語で苦労させたくない」

「自分が英語できないので、
子どもにだけは話せるようになってほしい」

赤ちゃんの頃から英語のCDをかけ流す、
お家英語(母親が子どもに英語で話しかける)を取り入れる、
インターナショナル幼稚園へ入れる、
小学校低学年の頃から
年間○万円の教材費、毎月○万円の授業料を払い英会話スクールへ通う…

我が子の英語教育のために、
日々涙ぐましい努力をしておられる親御さんから
ご相談を受けることがあります。

なにが正解なのかは私にはわかりません。
その子どもさんの性格や持って生まれた力、
親御さんの経済力などの要素も関係してくると思います。


***

ただ、私が今まで「日本人の英語学習」の様々なケースを目にした中で感じるのは

「ことば」「母語」は、
個人のアイデンティディ(自己が何者であるかを確立する要素)と密接に関わるものであるということ。

「ことばを育てることは、こころを育てることである
人を育てることである 教育そのものである」

鳥飼玖美子さんがご自身の著書の中で引用されていた
伝説の国語教師 大村はまさんの言葉です。

英語という教科が、
子どもたちの心を傷つけるものにならないことを切に願うと同時に、
私達おとなが、未来ある子どもたちのためにできることを
共に考え、学び合う機会を作りたいとの想いから
このようなお話会を企画しました。

このお話会は、
10月に新規開講する私主宰の英語クラス説明会を兼ねておりますが、

日本の英語教育の現状について知りたい方、
ご自身の英語学習について悩んでいる方、
子どもさんの英語学習をどうしようか選択肢を知りたい方など
どなた様もお気軽にご参加いただける内容となっております。

小さなお子様連れでのご参加も歓迎です
(ただし、ベビーシッターはおりません)。

*****

「子どもの英語教育、どうしていますか?
元中学校英語科教諭・現役英語通訳によるお話会」

2018年9月10日(月)、11日(火)、15日(土)

10:30〜12:00

北山堀川Ripple+ing Garden
(お申し込み時に詳しい住所をお知らせします)

参加費:500円(既存クラス生徒保護者の方は無料)

お申込み・お問い合わせはContactフォーム、またはHitomi Hashizumeメッセンジャー経由でお願いします。

※お申し込み時には、参加希望日、氏名、参加人数、連絡先をお知らせくださいませ。2〜3日経っても返信がない場合は、こちらへ届いていない可能性がありますので、お手数ですが再度ご連絡をお願いします。

***

【お話会内容】

・「英語教育」の様々なアプローチ

・自学の力(自分で学ぶ)、
主体的な学びを可能にするアプローチとは

・日本の初等〜高等教育、ニュージーランドの高等教育を経験し、
日本の幼稚園、公立中学校、公立高校、某有名私立大学、大手英会話学校で教壇に立ち、過去4年間小学生に英語を教えてきた私が考える、「ホンモノの英語力」とは

・英語と日本語の違い

・日本人の英語が通じにくい理由

・BBカードを通して、私にできること

・「英語さえ話せれば幸せになれるの?」本当の意味での幸せとは何?
コミュニケーション能力について

・母語の重要性

・子どもの「英語教育」のためにお家でできること

《橋爪ひとみ》
京都市北区紫竹生まれの紫竹育ち。

京都府立朱雀高等学校人文系クラス中退
NZグレンフィールドカレッジ編入・卒業
NZオークランド大学卒業(文学部 教育心理学専攻)

佛教大学通信学部英語英米文学科三年次編入・卒業

中高一種教員免許(英語)
実用英語検定一級合格(優良賞受賞)
TOEIC960点

世界最大のNutrition School
Institute for Integrative Nutrition(NY)にて
ホリスティックヘルスコーチ資格取得

9・7・5歳三兄弟の母

現在はフリーランス英語通訳
『Pepper 英語教室』主宰
発達支援センターでも小学生に英語を教えている。

*****

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
「Pepper 英語教室」主宰

*****

【関連記事】

「橋爪ひとみの英語歴」

Pepper English4年間の歩み」→

「自己肯定感・想像/創造力・コミュニケーション能力をはぐぐむPepper 英語クラス 10月新規生徒募集について」→

BBカード体験会はこちら→

「添加物との付き合い方」ワークショップ終了!

NYCの総合食養(ホリスティック栄養)学専門学校(IIN)の同窓生でニューヨーク在住ナチュラルフード研究家の中村あきつさんをお招きして、『添加物とのつきあい方〜たった2つの添加物を取り除いて、生活を変えてみませんか?』ワークショップを開催しました。

なんと遠くは三田、滋賀県からの参加者さんもおられ、添加物への感心の高さを感じました。

みなさんが口々に仰っていたのが、「添加物が体に良くないのはわかるけれど、何が何だかよくわからない」ということ。

今回、あきつさんが教えてくださった「たった2つの添加物」を意識するだけでも、かなりの量の添加物を排除することができるというアプローチ、素晴らしい!

いきなり、あれもこれもは難しいし、ハードルが高すぎるけれど、まずは「ピンポイントで2つの添加物を意識する」ことにより、食料品のラベルを確認する習慣が身についたり、食料品業界の闇の部分への想像力や「もっと知りたい」の気持ちが膨らむきっかけとなりますよね。

ジャンクフードが大好きだったという あきつさんが、どのような経緯を経て現在の添加物フリーのライフスタイルに至ったのか、そのお話も興味深く、親近感が湧くものでした。

ふりかけ食べ比べでは、「添加物のチカラ」が浮き彫りに!!
添加物まみれのものを日常的に摂取することで、味覚が麻痺し、もっともっと添加物まみれのものを欲する身体になってしまう・・・まさにヤク中状態。

食品サンプルを見せながら、とてもわかりやすく添加物について説明してくださる あきつさん。

この添加物まみれの時代を生き抜くためのヒント、まさに添加物との付き合い方について、実例を交えながらのお話。

あきつさんは、ニューヨークの子どもたちに日本食の素晴らしさを伝える活動にも関わっておられます。

いまや「旨味」”umami”や「梅干し」”umeboshi plum”も英語として通用する時代。日本ならではの本物の発酵食品、発酵調味料、本物のお塩を上手に利用して、添加物に負けない身体作りを心がけたいものです。

あきつさん、参加者のみなさん、ありがとうございました!!

二時間、遊びながら待ってくれた子どもたちもありがとうね。
あきつさんお手製の醤油麹、塩麹をつけたキュウリを、ボリボリすごい勢いで食べたはりました(^^)

あきつさん、暑い中 京都北区まで出向いてくれて嬉しかった!!これからも、どうぞよろしくおねがいします♡

この夏、NYCの総合食養(ホリスティック栄養)学専門学校(IIN)の同窓会で繋がった彼女とのご縁。その同窓会を企画してくださった、東京で大活躍中の公認総合食養ヘルスコーチの大先輩、ソフィアウッズ・インスティテュート代表の森ちせさんにも感謝しています。

IIN同窓会@『プラス・ヴィーガニック』 in 自由が丘
の様子はこちらの記事にて書いています。→

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

***
《橋爪ひとみ主催イベント・講座》
 ・
私の母 山野井珠几主宰「あけぼの書道教室」にて
夏休み書道体験教室を実施します。
 ・
詳細はfacebook「京都あけぼの文化サロン」ページにて。
 ・
新しく始めたブログ
 ・
***
偶数月28日開催『あけぼのマルシェ』
2018年8月28日(火)
10:00~15:00
「京都あけぼの文化サロン」にて

 

 

【ストレスフリーで手に入れる美容と健康】カラダの声を無視していませんか。

 
肌荒れ、不眠、頭痛、過食、イライラ、鬱、倦怠感、息苦しさ…身体からのサイン、見て見ぬふりをしていませんか。
心が健康でないと、身体に不調が出る。
その逆も然りで、身体が不健康だと心までおかしくなってしまう。
(本日久しぶりに行った安楽寺さんの地蔵縁日)
 ・
どこか無理していたり、薄々「これってちょっと違うよな…」と思いながら同じことを続けていると…怪我をしたり病気をしたり、なにかしらの強制ストップがかかり…。
その強制ストップさえも無視していると、取り返しのつかないことになってしまう。
人のことは客観的に見ていてよくわかるのに、自分のこととなると「たぶん気のせい。この〇〇辞めるなんてありえへんもん。そのうちまたもとに戻るやろう。」と強制ストップサインにも目をつむってしまったりして。
 ・
ここに書いていることは、全て私が経験したこと。
7月31日付けで4年間お世話になった会社を退職したのですが、実は7月に入ってしばらくは、まだ自分が完全にその仕事を手放すなんて想像もできないことでした。
自分が心地よいと感じるところに身を置く。
魂が喜ぶ生き方を選択する。
 ・
会社に不満があるわけでも仕事で嫌なことがあったわけでもなく、「ただそこがもう自分のいるべき場所ではないと感じた」というのが一番正直な気持ちかもしれません。
自然に囲まれたところで深呼吸すると、やっぱり私は緑なしでは生きていけないと思う。
土の匂いがして木々が生い茂り、生き物たちの気配を感じられるような場所が好き。
You are what you eat.
「人は食べたものでできている」
だから、元気なエネルギーに満ち溢れた美味しいお野菜や心を込めて作られた食べ物をいただくことも大切にしたい。
(山田製油さんの担々麺♡)
口から入る食べ物のみならず、
吸った空気や肌に触れるものからも人やココロは作られるのだと思うから
できるだけ「よい気」の充満したところへいるようにしたいな。

(初めて食べたテラさんの白キクラゲ入り豆乳寒)
そんな私が最近頭を悩ましているのは…夫の食べ物に対する無頓着さ!
私が買い物をするのは一乗寺HELP、ワンドロップ、知り合いの農家さんや各種マルシェがメイン。生協やイオンでも買い物するけど、一応選んで買っています。
ところがいつの間にやらベビースターラーメンやスナック菓子が当たり前のように家にある状態になってしまい…でも具体的に何がどう悪いからできるだけ避けてほしいのか、私にはうまく説明できない…。
というわけで、ニューヨークのハーレムに在住、漫画家でナチュラルフード研究家の中村あきつさんをお招きし(めっちゃオモロイ方です!)こんなワークショップを企画しました⬇⬇⬇
残り数名でしたらまだお入りいただけます。
添加物の入ったものを日常的に摂取することの害は想像以上。
心と体が喜ぶ場所に身を置き、
心と体が喜ぶ食べ物をいただく。
きっとこれが、ストレスフリーで美容と健康を手に入れる秘訣!!
 ・
2018年8月6日(月)10:00〜12:00
 ・
ワークショップ詳細記事→
 ・
 ・
***
《橋爪ひとみ主催イベント・講座》
 ・
私の母 山野井珠几主宰「あけぼの書道教室」にて
夏休み書道体験教室を実施します。
 ・
詳細はfacebook「京都あけぼの文化サロン」ページにて。
 ・
新しく始めたブログ
 ・
***
偶数月28日開催『あけぼのマルシェ』
2018年8月28日(火)
10:00~15:00
「京都あけぼの文化サロン」にて
***

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

満席御礼☆BBカード体験会

京都は異常な暑さに見舞われています。
息子たちが通う小学校の夏休みプール学習も中止になりました。熱中症には気をつけたいところですね。


そんな猛暑の中、本日開催のBBカード体験会は、おかげさまで午前・午後の部ともに満席となり、遠くは滋賀からの参加者さんも。

今朝早くに奈良より参加希望のメールもいただいたのですが、あいにく満席でお断りしました。BBカードへの関心の高さを感じます。

他にも別日での開講希望をいただいていますので、近日中に予定を組んでお知らせしたいと思います。

さて、本日のBBカード体験会の様子ですが、午後の部は子どもさんと保護者の組み合わせ。
見ているだけのつもりでも…ついついお父さんも一緒に参加したくなってしまうBBカード!

BBカード経験者の子どもたちがいたこともあり、午前中はかなり何回も様々なゲームをしました。

一番年齢の低い子どもさんが一番神経衰弱が得意だったりして、大人顔負けの大活躍!!これもBBカードのおもしろさ。

***

そして午後の部は大人の方や赤ちゃん連れの方のご参加も。これだけ幅広い年齢層、幅広い英語歴の方々がみんなで楽しめるBBカード。ほんまにすごいなぁと感心します。

我が家の次男もベビーシッター(子守)でお手伝い。

本日の体験会を終えて、定期クラスへのお申込みを決めてくださった方もおられました。
月イチ親子クラス(未就学児+保護者が一緒に参加できるBBカードクラス)のご要望もいただきましたので、早速9月から始動します。(土曜日8:50~9:30で検討中。他にもご要望あればお聞かせください。)

***

現在生徒募集中の小学生対象子ども英語クラス
-水曜日 16:30~17:20(月2回)

-土曜日 9:40~10:30(月2回)
    10:40~11:30(月2回)

-火曜日 (応相談)

※開講スケジュールはブログ内
Calenderページにてご覧いただけます。

※おとなの方のご参加も大歓迎!

入会金 5000円
お月謝 5000円(初期テキスト代金別途 1000円前後)

***

大人英語クラスは私の通訳の仕事が多忙を極め、しばらくお休みしていましたが、9月から再開予定。
平日午前中、平日夜で開講希望をいただいています。具体的な曜日や時間帯など、今のうちにお聞かせいただけましたら考慮してクラスを作りますので、どうぞ宜しくお願い致します!


(「金魚サイダー」を持って喜ぶ私)

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

*******

《橋爪ひとみ主催イベント・講座》

2018年8月6日(月)10:00〜12:00
ワークショップ詳細記事→

 

夏バテ対策、どうしてますか?知っておいて損はない「スポーツ飲料の害」

暑い夏が続きます。

「猛暑」「酷暑」という言葉がぴったりなのではないかと感じるぐらい、ここ数日の京都はすごいことになっています。

できるだけクーラーは使わずに扇風機のみで暑さを凌ぐというポリシーの我が家ですが、過去二日ほどは日が昇ると共に信じられないぐらいの熱気が家の中に充満し熱中症対策のため朝から やむを得ずエアコンをつけました。


(日曜日、『シチクガモリの夏祭り』にて)


(『妃屋』さんの かき氷)

夏バテ、熱中症対策、みなさんはどうしておられますか?

私が個人的に心がけているのは

・睡眠をしっかりとること。

・常温の水・お茶で、こまめに水分補給。
(キンキンに冷えた飲み物はできるだけ避ける。)
関連記事→「熱中症対策の水分補給、冷たい水はダメ?…」

・新鮮なお野菜、夏野菜をたっぷり摂る。

・ホンモノの梅干し、良質の塩を食生活に取り入れる。

などかな。水分ミネラル補給のために、スポーツドリンクを常備しているという方も多いかもしれませんが

「スポーツドリンクの害」についてはあまり知られていませんよね。

テレビのCMなどで目にするスポーツドリンク。私の職場でも、特定のスポーツドリンクが熱中症対策に有効として推奨、支給されていますが、そこには大人の事情が見え隠れするようなしないような(笑)。


(残り物で作ったある日の昼ごはん。ピーマンのサラダは つぶした梅干し入り)

小さい子どもさんが、ペットボトル入りのスポーツ飲料を一人で飲み干している姿を目にすることがあります。

一般的なスポーツ飲料ペットボトル一本あたり(500ml)には、なんとスティックシュガー10本分、角砂糖なら8個分の糖分(20~30g)が含まれています。。

小学生が一日に摂ってよい砂糖の量が20~25g、角砂糖で56個分であることを考えると、子どもがスポーツ飲料を飲んだだけで軽くそれをオーバーしてしまうことに!!
(関連記事→「子どもの砂糖摂取量は一日25gにすべき」

近年では子どもの糖尿病も増えてきています。
(関連記事→「糖尿病ネットワーク」

じゃあ、「カロリーゼロ」「カロリーオフ」のスポーツ飲料にすればいいんじゃないかという声が聞こえてきそうですが、それらに含まれている人工甘味料がまたクセモノ!

例えば、砂糖の600倍もの甘味があるとされるノンカロリーの添加物「スクラロース」は、れっきとした「有機塩素化合物」。農薬開発の過程で、偶然の産物として発見されたものなんですって。
(関連記事→「スクラロースとは。安全性や使用基準について」

糖尿病の予防や治療に有用と思われている人工甘味料の慢性的な健康への影響についても、興味深い調査結果があります。
(関連記事→「人工甘味料と糖代謝」

ここに私が紹介したことは、ちょっと調べてみればネットで入手できる情報の一例。根拠なく書かれている記事(情報源が明らかにされていない)もあれば、論文やデータなど何かしらの裏付けに基づいて書かれているものも…。ランダムに検索して出てきたものを紹介していますので、これが絶対に「正しい」ものではない可能性があることはご了承ください。

砂糖や添加物については、それぞれの立場の方たちが自分や自分の雇われている会社にとって都合の良いように情報を流していますから、消費者として常に疑いの目を持ち、何が真実なのかを見極める力を持ちたいもの。

とはいっても、汗だくになり火照った身体に冷たく冷えたスポーツ飲料はたまらなく美味しく感じるし、地蔵盆やPTA,親戚の集まりなどでは、バケツに張った氷水で冷やしたジュースやスポーツ飲料が夏の風物詩であるのも事実。

大切なのは、「バランス」ではないかと私は考えています。

自分の子どものために市販のスポーツ飲料やジュースを買うことは ほぼありませんが、おばあちゃんの家やお友達のお家ではきっと普通のジュースやお菓子も食べされてもらっているだろうし、それは感謝とともに、子どもたちの経験として受け止めようと思っています。心の栄養も大切にしたいですものね。

かく言う自分も、仕事で外へ出たときには添加物まみれのエナジードリンクや市販のお菓子に手を出すこともあり。

ただ、「時々摂取する」と、「常時摂取する」には、大きな違いがあると思うのです。すぐに身体に悪影響が出ることはないかもしれませんが、有害な物質を日常的に摂ることは、とても怖いことだと本能的に感じます。

もはや、普通に生活している中で避けては通れない「添加物」との付き合い方について、ぜひ一度しっかりと学びたいと思っていた矢先に出会ったのがこの御方。

ナチュラルフード研究家 中村あきつさん。

なんだかよくわからない添加物。
でも自分と家族の健康のために、たった2つの添加物を取り除くだけなら、なんとなく私にもできそうな気がする!!
おばあちゃんにも説明してわかってもらえそうな気がする!

砂糖についても、いつかわかりやすいかたちで情報共有できたらと思いますが、まずは「食品添加物との付き合い方」について、一緒に学んでみませんか?

以下、あきつさんが講師をつとめてくださるワークショップのご案内です。

今すぐできる添加物の排除の仕方なぜそのたった2つの添加物を辞めた方が良いのか、添加物を辞めるメリットは何なのか。についてお話くださいます!

*****

2018年8月6日(月)10:00〜12:00
ワークショップ詳細記事→

*****

主催:橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

******

【Ripple+ing Garden 講座・クラス・イベント情報】

『遊びながら英語が身につく☆BBカード体験会』

2018724日(火)

10301130 (満席) / 13:00~14:00 (残席6  7/12現在)

対象:B.B.カードで遊んでみたい方ならどなたでも

参加費:500

詳細→