9月英語クラス予定&新規生徒募集・琴引浜海水浴

子どもたちの夏休みも中盤に差し掛かりました。
プールにキャンプ、海に各種イベント、子どもと一緒に行動してすでにヘトヘトに疲れているという方も多いかもしれません。

私もまさしくその一人。

先月末、最後のUSJ勤務を終えたその次の日には、朝5時に出発して車で琴引浜へ向かいました。

2時間ほどで到着。朝一番はまさに貸切状態。

早朝でまだ水も冷たいのに、子どもたちはそんなことお構いなし。

砂浜に小枝で字を書いたり、貝殻拾いをして私にプレゼントしてくれたり。

鳴き砂で有名な琴引浜ですが、午前中に保存会(連絡会?)の方がお掃除に来てくださる前は、夜の間に打ち上げられたナイロン袋や前日から置き去りにされたゴミがあちらこちらに…

なんだか悲しくなって、テントを張る前にみんなでゴミ拾いをしました。
ジュースの紙パック、花火の残骸、紙おむつ、プラスチックの破片…いつまでも美しい浜を残してゆきたいものですね。

キャンプ場の近くのビーチは遠浅で岩場もあり、親の目が届きやすいので、魚とりを楽しんだり浮き輪で遊んだり、子どもたちも大好きな場所。

写真を摂り忘れましたが、朝8時以降お湯が出る露天風呂があり、海で冷えた身体をしっかりあたためてから帰途につくことができます。

手がふやけてもまだ水遊びを続ける子どもたち。残念ながら私はこの日、あろうことが水着を忘れてしまい(涙)ずーっとテントでひとりお留守番。

浅い浜ではありますが、もうすぐ5歳になる三男は2回ほど足を滑らせ水を飲みました…昨年の夏、長男の同級生が水難事故で亡くなったこともあり、どんなに安全だと思われる場所でも、ライフジャケットの着用を徹底しています。

帰り道は、琴引浜から車で5分ほどの野村牧場さんでジェラートやソフトクリームを食べて帰るのがお決まりコース。
次男がまだ生後数ヶ月だったころから、ほぼ毎年訪れている琴引浜。

来年こそは水着を持参して、思いっきり海水に浸りたいな〜。
日焼けするのは嫌だけど(笑)。

*****

というわけで、我が家の夏休みもまだまだ続きます。

2018年9月英語クラスの予定をアップしました。
Calendarページからご覧いただけます。

*****

橋爪ひとみ主宰 Pepper English School では、現在新規生徒さんを募集しています。


9月、または10月開講を予定していますが、なんせ私の英語クラスは普通ではありません…レッスン内容や学習目標、私が何を目指しているのか、本当の英語力とは何なのか…親御さんにも深くご理解いただいた上で、通いはじめていただくことが大事だと考えています。

まずは8月28日(火)「あけぼのマルシェ」にて無料お話会をしますので、タイミングの合う方はぜひお越しくださいませ。

《橋爪ひとみ 無料お話会》
「子どもの英語教育、どうしていますか?
元公立中学校英語科教諭・英語通訳が語る”ホンモノの英語力”とは」

11:00〜11:30(参加費無料・予約不要)

*****

【Pepper English School】

・B.B.カードをメイン教材とし、進捗状況に合わせてJolly Phonicsや絵本(多読)も取り入れて学習をすすめています。

《新規生徒受け入れ可能枠》

火曜クラス(鞍馬口「京都あけぼの文化サロン」)

16:50~17:40(小学生低学年~中学年)
17:50~18:40(小学生中学年~高学年)
18:50~19:50(中学生)

水曜クラス(北山堀川「Ripple+ing Garden」)

16:30~17:30(小学生中学年〜高学年)

土曜クラス(北山堀川「Ripple+ing Garden」)

9:40~10:30(小学生低学年〜中学年)
10:40~11:30(小学生中学年〜高学年)

入会金 5000円

お月謝 5000円(月2回レッスン 教材費実費)

***

レッスン内容・メイン教材としているB.B.カードやJolly Phonicsについても、こちらのブログやお話会で詳しくお伝えしていきます。

英語クラスへのお申込み・お問い合わせは、Contactフォーム経由、またはメッセンジャー経由でお願いします。
2〜3日経っても返信がない場合は、こちらへ届いていない可能性がありますので、お手数ですが再度ご連絡をお願いします。

***

ご要望の多いB.B.カード体験会、近いうちに予定しています。ご希望日等ございましたらお知らせくださいませ。

大人クラス・親子クラスについても開講リクエスト、ありがとうございます。具体的な開講希望日(曜日・時間帯)等お聞かせいただけましたら、実現可能な方法を模索したいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English School”主宰

***
 ・
《橋爪ひとみ主催イベント・講座》
 ・
私の母 山野井珠几主宰「あけぼの書道教室」(京都あけぼの文化サロン)にて
夏休み書道体験教室を実施します。
 ・
詳細はfacebook「京都あけぼの文化サロン」ページにて。
 ・
新しく始めたブログ
 ・
 ・
***
偶数月28日開催『あけぼのマルシェ』
 ・
2018年8月28日(火)
10:00~15:00
 ・
「京都あけぼの文化サロン」にて

第16回B.B.サマーワークショップ in 東京・亀戸

Attended the B.B. English Teaching Method Workshop in Tokyo.
先日、朝一番の新幹線に飛び乗り、東京・亀戸で開催された「第16回B.B.サマーワークショップ」に参加してきました。



1977年生まれ、私と同い年のB.B.カード。
他の先生方の発表、ゲームアイディアのシェア・実演、B.B.カード考案者の難波先生(写真左⬆ なんと御歳80代半ば⁈)やベテランの先生方のお話を存分に聴く機会などなど、盛りだくさんで大満足のワークショップでした。

手作り、安心安全材料にこだわった「亀戸升本本店」さんのお弁当も素晴らしく美味しかった。



その後の懇親会では、北は北海道、南は沖縄から来られた参加者さんたちとゆっくりお食事。なぜか人生談義にも花が咲き…厚かましくお邪魔した二次会でも、B.B.カードやB.B.メソッドの奥深さについてコアなお話を伺うことができました。


(わかる人にはわかる!Betty Botterちゃんバッジ♡)


-子ども(学習者)中心にすすめるメソッド。マニュアルはない。

-得意なこと、好きなことを伸ばす。

-よく観察し、細かいことにも気づき、褒める(大げさに褒めるわけではなく、ちょっとした声かけ)。
→自己肯定感を高める。

-楽しいときが学ぶとき。

-小学校は言語としての感覚を育てる時期。繰り返しの重要性。

-教えこまない。子どもが自分で気づく機会を奪わない。

-日本人が中学生で初めて国語の文法を学ぶように、英語に関しても帰納法で理解できるようになる。

-中2で花開く。保護者への説明、価値観共有の重要性。

-自立に向けての教育方針。

-言えるが先。知は後。考える力、言葉に対する想像力を育てる。



などなど…これらは、私が書き留めたメモの一部。育児にも共通する宝石のような言葉やエッセンス、ヒントが沢山ちりばめられたワークショップでした。

これから時間をかけて消化、吸収し、クラスの生徒たちや自分の子どもに、還元していきたいと思います。

難波先生もセルムの講師陣も、あったかくて人間としての魅力に溢れる方々ばかり。他者に対してもB.B.式、セルム 的なアプローチを実践されている姿が印象的でした。

諸先生方、ご一緒した皆さま、ありがとうございました!

***

《橋爪ひとみ主催イベント・講座》
 ・
私の母 山野井珠几主宰「あけぼの書道教室」にて
夏休み書道体験教室を実施します。
 ・
詳細はfacebook「京都あけぼの文化サロン」ページにて。
 ・
新しく始めたブログ
 ・
***
偶数月28日開催『あけぼのマルシェ』
2018年8月28日(火)
10:00~15:00
「京都あけぼの文化サロン」にて
***

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

満席御礼☆BBカード体験会

京都は異常な暑さに見舞われています。
息子たちが通う小学校の夏休みプール学習も中止になりました。熱中症には気をつけたいところですね。


そんな猛暑の中、本日開催のBBカード体験会は、おかげさまで午前・午後の部ともに満席となり、遠くは滋賀からの参加者さんも。

今朝早くに奈良より参加希望のメールもいただいたのですが、あいにく満席でお断りしました。BBカードへの関心の高さを感じます。

他にも別日での開講希望をいただいていますので、近日中に予定を組んでお知らせしたいと思います。

さて、本日のBBカード体験会の様子ですが、午後の部は子どもさんと保護者の組み合わせ。
見ているだけのつもりでも…ついついお父さんも一緒に参加したくなってしまうBBカード!

BBカード経験者の子どもたちがいたこともあり、午前中はかなり何回も様々なゲームをしました。

一番年齢の低い子どもさんが一番神経衰弱が得意だったりして、大人顔負けの大活躍!!これもBBカードのおもしろさ。

***

そして午後の部は大人の方や赤ちゃん連れの方のご参加も。これだけ幅広い年齢層、幅広い英語歴の方々がみんなで楽しめるBBカード。ほんまにすごいなぁと感心します。

我が家の次男もベビーシッター(子守)でお手伝い。

本日の体験会を終えて、定期クラスへのお申込みを決めてくださった方もおられました。
月イチ親子クラス(未就学児+保護者が一緒に参加できるBBカードクラス)のご要望もいただきましたので、早速9月から始動します。(土曜日8:50~9:30で検討中。他にもご要望あればお聞かせください。)

***

現在生徒募集中の小学生対象子ども英語クラス
-水曜日 16:30~17:20(月2回)

-土曜日 9:40~10:30(月2回)
    10:40~11:30(月2回)

-火曜日 (応相談)

※開講スケジュールはブログ内
Calenderページにてご覧いただけます。

※おとなの方のご参加も大歓迎!

入会金 5000円
お月謝 5000円(初期テキスト代金別途 1000円前後)

***

大人英語クラスは私の通訳の仕事が多忙を極め、しばらくお休みしていましたが、9月から再開予定。
平日午前中、平日夜で開講希望をいただいています。具体的な曜日や時間帯など、今のうちにお聞かせいただけましたら考慮してクラスを作りますので、どうぞ宜しくお願い致します!


(「金魚サイダー」を持って喜ぶ私)

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

*******

《橋爪ひとみ主催イベント・講座》

2018年8月6日(月)10:00〜12:00
ワークショップ詳細記事→

 

『遊びながら英語が身につく☆BBカード体験会』

通信教材で英語早期教育、フラッシュカード、お家英語(親が子供と英語で話す)等々

ちまたには、子どもの英語教育に関する情報が溢れています。

「△△さんところの子どもさんは、〇〇をして英語がペラペラになったらしい」

そんな話を聞くと、〇〇に飛びついてしまいたくなるのが親心。

でもちょっと待って!

「英語がペラペラ」って具体的にはどういうこと?

△△さんところの子どもさんと、自分の子どもは感性も学習スタイルも違うかもしれませんよ。

一番大切なのは、「楽しんで続けられるかどうか」
「将来的に必要な英語力の土台をしっかりと築けているかどうか」
ではないでしょうか。

*****

私 橋爪ひとみが、数々の英語教授法に触れてきた中で、一番手応えを感じているB.B.カード。実際に手にとって触れて一緒に遊んでみませんか?

お家での英語学習にB.B.カードを取り入れたいという親御さんのために、保護者のためのB.B.カードクラス

遠方の方も通いやすいように月イチ親子B.B.カードクラスもいいかも?など、あれこれ考えています。

詰め込みや大量の宿題にうんざりしてしまう「英語」ではなく、楽しさ、わかる喜び、育ち合い学び合う子供同士の心の交流、そんな明るさに溢れた「英語」のイメージを持って子どもたちが成長してくれたらと願っています。

新規生徒さんも若干名受付中。

まずはお気軽に、体験会へ起こしくださいませ♡

*****

『遊びながら英語が身につく☆BBカード体験会』

2018724日(火)

10301130

対象:B.B.カードで遊んでみたい方ならどなたでも

参加費:500

会場:京都市北区 Ripple+ing Garden
(最寄り駅 市バス東高縄町より徒歩2分・地下鉄北大路駅より徒歩15分)
(近くにコインパーキング多数あり)

講師:橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

略歴→☆

・英語検定1級(優良賞受賞)
・TOEIC930点
・国連英検A級

*****

お申込み、お問い合わせはメッセンジャー『京都☆Ripple+ing Garden』経由、
またはHitomi Pepperホームページ内の「Contact」フォームよりお願いします。

23日経っても返信がない場合は、メッセージが届いていない可能性がありますので恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。

*****

【関連記事】

「橋爪ひとみの英語歴」

Pepper English4年間の歩み」→

浄化の雨、人生の転機、私の決断

大雨もようやく降り止み、見上げれば澄み渡る青空と白く輝く雲。
被害に合われた多くの方々の悲しみと涙を想うと心が痛みます。その先にもいつか晴れ渡る空が広がりますように。

私にとっては「浄化」のように感じられた今回の雨。個人的にも人生の転機となるような決断を後押しされた、不思議な雨でした。


(加茂街道から望む鴨川 先週土曜日撮影)

以下、先週の木曜日に書いた文です。

*****

今日は朝からザーザー雨。定刻通りに電車が動いてくれるか心配しましたが、なんとか8時の出勤時間には間に合いました。そして隙間時間をみつけては、こっそりこんな記事を書いている私

昨日は朝4時半に起きて地下鉄始発で出勤。14時に仕事を終えて京都へ戻り(帰りのJR新快速の中で目覚ましをかけて仮眠)、16時半からの子ども英語クラスにギリギリ間に合う16時に帰宅。なんせ通勤に片道2時間かかるのでこんなスケジュールになってしまう。夕飯後すこし仮眠をとり、22時からは大好きなマーシャルエキサイトクラスに参加するためジムへ。

連日こんなかんじでバタバタしていて、空き時間にはあれこれ自分の予定を詰め込んでしまうという哀しい性。そろそろ働き方を見直したいと考えていた矢先に、その答えがハッキリ出るような出来事がありました。

昨日は朝から前述のように馬車馬のように働き、でもそこにかつての自分が感じていた喜びはなく以前は大阪の職場に足を運ぶことが楽しいと感じていたし、やりがいや手応えもありました。

今は収入のため、安定のためという気持ちが強く、仕事の内容に情熱を感じられないことがほとんど。もちろんそれでも時々は難易度の高い達成感のある仕事をさせてもらえる機会もあり、だからこそ今の状態を手放せずにズルズルいるのですが、そんなことがもうどうでもよくなるぐらい嬉しいことがあったのです。

昨日の子ども英語クラス、2コマそれぞれのレッスンでBB.カードの作文に挑戦し(口頭で)、それができたときの子どもたちの輝きに満ちた表情といったら!!それを間近で見ることができたことに、心から感動しました。

私の英語クラスは特殊です。例えれば昔の寺子屋のようなスタイル。クラスごとの子どもたちの年齢もまちまちの縦割り編成で、これといったテキストを順番に進むわけでもありません。4年前(もうそんなになるのかな??)モニタークラスを開講したときに通い始めてくれた子どもたちが中学生になっても通い続けてくれています。

第一期のクラスはイギリスの小学校で使われている文字と音声の関係性をひとつひとつ学ぶJolly Phonicsをメイン教材とし、そこにOxford Reading TreeJolly Musicをプラスしていました。自宅で開講した第二期の生徒たちもJolly Phonicsメインですすめ、BB.カードを補足的に使ってきました。

たしかにJolly Phonicsは、正しく教えれば必ず結果が出ると言われているだけあり、昨年度春より教えている学習支援センターの子どもたちにも好評。確実に読み(書き)ができるようになる素晴らしい教授法です。一通り文字が読めるようになったところを多読に結びつけるのが王道なんだろうなと多読用教材も用意してみたものの、もともと本が好きでどんどん読みたがる子どもと、そうでない子どもたちの差が大きいと感じていました。

そんな折に東京でBB.カードの講座があると知り、思い切って参加。2年ほど前、私が初めてBB.カードの講座に参加したときの講師が、なんとBB.カード考案者の難波先生御本人。そして、今回東京で受けた講座の講師をつとめてくださったのは、その娘さんでした。

BB.カード40年の歩みを一番近くで見てこられたお二人から、開発秘話、その後の展開について直接お聞きすることが出来る幸運!!

BB.カードの魅力と可能性のみならず、B.B.メソッドという教育観にも深く感銘を受けました。

先月中旬に講座を受け、早速その後のクラスで学んできたことを還元していますが、やはり子どもたちの反応が違います。食いつきがいいし、普段「お勉強」に興味のなさそうな子どもも、豊かな想像力を駆使して面白い文を考えたり奇想天外なアイディアを出し、イキイキとしてレッスンを楽しんでいるのです。

もちろん勝ち負けのあるゲームとなると、喧嘩したり不機嫌になる子がいたりどう対処すればよいのか、その都度みんなで考えたり話をしたりします。その感情の動きこそが、英語の習得に不可欠なものなのだそうです。

私のクラスはオールイングリッシュではありませんし、時々「英語」とは全く関係のなさそうな奴隷制度や児童就労、毛皮・ペット産業の話をしたり、通訳の仕事を通じて経験したこと、学習支援施設で関わっている発達障害を持つ子どもたちについて話すこともあります。もちろん英語の成り立ちや、その文化的背景、中学校英語はどのようなものかについても伝えています。

「英語」の先にあるもの「みんな違ってあたりまえ」「自分を認め他者も認める」のような価値観や物の見方を子供の頃より持つことは、その人の人生を豊かにすると思うからです。

少し話がずれましたが、BB.メソッドでは、無理やりクラス全員に同じ作業を押し付けることもありません。その子のペースやそのときの気分を大切に、長い目で「英語」「自学(自分で学ぶ)の力」を育むアプローチ。

これは、私が4年前に自分の英語クラスを始めた当初から持ち続けている想いにも共通するものです。

毎回クラフトや目に見える形での成果物を持ち帰るわけでもないので、親御さんは「今日なにしてきたの?どんなこと勉強してきたの?」と不安になられることもあるかもしれません。子どもの答えはきっと「え?遊んできた。またビンゴした」かな(笑)。

定期的なニュースレターなどの発行もなし。送り迎えをしてくださっている親御さんには口頭でレッスンの様子などお伝えしますが、そうでない親御さんとは申込みしてくださって以来、学校行事(私の子どもたちが通う小学校区の子どもたちが多く通ってくれているので)でお話をするか、私のブログを通しての発信しかしていないのが現状です。

よくもこんな状態で、何年も私を信頼して子どもさんを任せてくださっているなと思うのですが本当にありがたいことです。

この4年間、USJでの通訳の仕事を生活の中心にすえてきました。早朝、深夜、不規則な勤務時間。しんどい仕事も自分の糧になりそうなものは積極的に受け、入社したときには絶対自分にはできないだろうと怖気づいていたような仕事も、今ではできるようになりました。

おかげさまで、イベント通訳やセミナー通訳、翻訳などUSJ以外からの案件のご依頼もいただき、「通訳」として更に精進していきたいとの気持ちも強く持っています。

これからは、ただがむしゃらに働くのではなく、その内容を精査し、自分が心からしたいと思う・喜びを感じる仕事だけをしていこうと決めました。秋には新しい働き方の形にシフトしていけるように、この夏にはいろいろなことを整理します。具体的には、通訳としての仕事量を調整し、ご要望の多い 子ども・大人BB.カードのクラスをきちんと作ろうと思います。
※7月24日(火)10:30〜B.B.カード体験会開催。詳細は別記事に書きます。)

優柔不断だった私に、有無を言わせぬほどビシッと心を決めさせてくれたのは、子どもたちでした。英語クラスに通う子どもたち、愛する三人の息子たち。この子達の笑顔を見るのが好きだから、私は自分の心に従うことを選びます。

気付かせてくれてありがとう。
私には、自分の心に嘘をつく生き方は合わないようです。

*****

追記

この記事を書いたのが木曜日。そしてその日の夜、なにかに背中を押されるようにして退職の意志を会社に伝えました。

降りしきる雨の音にまじって携帯電話からの避難勧告アラームが何度も鳴り響く中、それまで迷い続けてきたことが嘘のように、すっと心が決まったのでした。


(2018年3月、ハワイ島にて)

***************

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

英語を諦めたくない人に知ってほしい、BBカードの魅力

やっぱりすごい、BBカード‼︎

遊んでいるうちに自然と英語が身につく魔法のようなメソッド。



土曜日始発で東京へ向かい、B.B.カードの深め方について二日間の講座を受けて来ました。教えてくださったのは、B.B.カード考案者難波先生の娘さんでもある難波先生。いろいろな裏話も聞けて面白かった!
わさわざ足を運んだ価値がありました。


月曜日の学習支援センター英語クラスで早速学んできたことをアウトプット。子どもたちの食いつきが違います。


子どもから大人まで楽しみながら一緒に学べるB.B.カードについて、ひとりでも多くの方に知っていただけたらとの想いから、28日(木)『あけぼのマルシェ』で無料お話会「遊びながら英語が身につく?嘘のような本当の話」を開催します。(参加自由・予約不要)
詳細は下記をご覧くださいませ↓↓↓


B.B.カードはアマゾンでも普通に買える教材。
4800円(+税)で一生モノの英語力が身につくのです。
良心的すぎるわ…あらゆる意味において。

***************

《橋爪ひとみ主催イベント》

整えるココロとカラダ「虹色紫陽花♡あけぼのマルシェ」
http://wp.me/p8gqJe-FG

2018年6月28日(木)

10:00〜15:00

入場自由・無料

場所:『京都あけぼの文化サロン』http://pink-roses6.wixsite.com/kyotoakebono/about1-c1z94
(地下鉄鞍馬口駅より徒歩5分、京都駅より20分)
(近くにコインパーキング多数あり)

***

《橋爪ひとみ 無料おはなし会》
「BBカードって何?
何度も英語学習に挫折した方にこそ知ってほしい嘘のような本当の話」

11:00〜11:30「あけぼのマルシェ⬆会場にて」

参加費無料・予約不要

***************

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

Passion!!初夏の英語お茶会

今回でちょうど一歳のお誕生日を迎えました!!


(前回のお茶会時の写真)

杉山佳苗ちゃんの珈琲、
Eriさんのヴィーガンスイーツ、
私 橋爪ひとみの司会ですすめる「英語お茶会」

詳細はこちらのイベント案内を御覧ください→☆

内容も試行錯誤を繰り返し、どんどん進化。今回が六回目の開催。

始めの三回は、英語について日本語で語り合う会でしたが、その後は【実践編】として英語を話す機会を設けました。

この会に参加したことをきっかけに、英語学習に本腰を入れたという参加者さんもおられるのは大変うれしいこと♡

今回もお茶会終了後に主催者三人でミーティングをし、次回からは、さらに英語でのアウトプットを増やせる仕組みづくりを導入することにしました。

Eriさんの愛情たっぷりふんわりヴィーガンキャロブケーキと、佳苗ちゃんのカフェイン精霊が宿る自家焙煎コーヒーでエネルギーチャージしながら、

今回のテーマ”What’s your passion?”についての会話が弾みます。

Eriさんから、実際に使える英語表現を紹介していただいた後に、ひとりずつ英語で発表。

”My passion is …”
”I’m passionate about …”
“I have passion for …”

みんなでアツ〜〜く盛り上がったパッション話。

***

 

最後には、”If you don’t have to work, what would you like to do?”(もし仕事をする必要がなかったとしたら、あなたはどんなことがしたいですか?)

Eriさんからの素晴らしい問いかけに一人ずつ英語で答えて終わりました。
みなさんのTrue passionが、具現化されますように。

今日は体調不良や怪我で急にご都合の悪くなった方が2名おられ、参加者6名での開催となりました。

私も含め、なんだか体調が優れなかったり、怪我や突発的な出来事で人生の転機を迎えている方が多いように感じます。

そんなときには、ゆっくりやすんで英気を養うのが一番。佳苗ちゃんも言うてはりましたが、少しだけでも土に触れる時間を持つことは、人間にとって大事なんやろうなと感じます。

次回英語お茶会は、少し先になりますが
2018年9月26日(水)10:00〜12:00

涙あり笑いありの摩訶不思議な英語お茶会。
安心して自分をさらけ出せる、”safety zone”へ、あなたも足を踏み入れてみませんか?

今日の私は自分をさらけだし、ほぼすっぴんでの参加でした(笑)。実際には朝お化粧をする時間がなかっただけ…チャンチャン♪

参加者のみなさん、Eriさん、佳苗ちゃん、いつもありがとう♡

***************

《橋爪ひとみ主催イベント》

整えるココロとカラダ「虹色紫陽花♡あけぼのマルシェ」
http://wp.me/p8gqJe-FG

2018年6月28日(木)

10:00〜15:00

入場自由・無料

場所:『京都あけぼの文化サロン』http://pink-roses6.wixsite.com/kyotoakebono/about1-c1z94
(地下鉄鞍馬口駅より徒歩5分、京都駅より20分)
(近くにコインパーキング多数あり)

***

《橋爪ひとみ 無料おはなし会》
「BBカードって何?
何度も英語学習に挫折した方にこそ知ってほしい嘘のような本当の話」

11:00〜11:30

参加費無料・予約不要

***************

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

 

私の〇〇遍歴~やっと出会えた運命の人~

You can only speak from your own experience.
「人は自分の経験に基づいたことしか話せない。」

自分の人生を振り返ると、今に至るまでに様々な経験をしてきた。考えているだけでは物事の本質は見えてこないと思うから、とりあえずは行動に移し体験してみる。

それが自分に合っているかどうかなんて、実際にやってみないとわからないし、しばらく続けてみないと本当の相性もわからない。

はじめは「いいな」と思っていた相手だって、何度か会ううちに化けの皮が剥がれて
「ただの見掛け倒しだったんだ!!」と落胆する場合もある。ワンパターンですぐに飽きてしまうかもしれない。

そんな〇〇遍歴の多い私が、やっと出会えた運命の人。


(USJ正面ゲート前の植栽)

それはB.B.カード。
http://www.selm-j.com/bbcard

私の「英語遍歴」、お話します。
正確には、「英語(教育)遍歴」とでも申しましょうか。

・高校二年まで京都の公立学校へ通う。
小学校6年生から中学3年生まで近所のECCに通っていたが、学校の英語の成績は特に良いというわけではなく普通。
高校の英語の授業(文法と会話)は退屈すぎていつも寝ていた。(そもそも授業に出ていなかった??)

・クラブ活動(陸上部)を続けながら出来るバイトということで朝5時から朝日新聞の朝刊配達(休みは月に1日)を約一年続ける。
そのバイト代でビートルズのCDを買い、学校の授業をサボっては映画館へ洋画を観に行っていた。毎日ウォークマンでビートルズの音楽を聴き続け、ポールマッカートニーLOVEだったので、彼のバンドの曲も好きになった。
そういえば高校二年のときに母親と二人で夜行列車に乗って、ポールのコンサートを観に東京ドームまで行ったこともあったな。


(京都駅地下の成城石井で買える出勤のお供)

・17歳のときに、単身ニュージーランドへ渡り、現地の公立高校2年生に編入。自由に履修科目を選ぶことができたので、English(国語)、Statistics(統計学)、Calculus(微分積分)、Biology(生物)、Geography(地学)、Horticulture(園芸)、Home Economics(家庭科)、そしてJapanese(日本語)を学ぶ。日本語クラスの定期試験は、作文(指定された表現を使って文章を書くなど)が多かった。

高校2年の国語(英語)クラスで、J.D.サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』を原文で読み、生まれて初めて英文学の魅力に触れる。

国語授業の進め方もとても面白かった。読書日記をつけたり、自由課題の提出物があったり、レポート(論文)をまとめる課題も多かった。想像力と創造力が高められる授業だったように記憶している。

・全国統一試験(日本で言うセンター試験)を受験し、オークランド大学へ入学・卒業。

大学では教育学、心理学専攻。社会学副専攻。

様々な教授法、評価法、児童・青少年心理学を学ぶ。

単位のために何となく履修した中国語。
文法は大きな教室で講義形式。あとは少人数制のクラスで徹底的に会話(発音)、応用練習をするので、書けるだけではなく会話ができなくては単位がもらえない。
日本の言語教育とは根本的に何かが大きく違うと感じた。

・帰国後、NCB英会話教習所(残念ながらすでに倒産)へ入社。教務スタッフとして生徒カウンセリング、講師管理、営業に携わる。英語講師としてもトレーニングを受け、レッスンを担当。これが初めての「教える」経験。

・仕事をしながら放送大学で心理学の勉強を続ける。

・話は前後するが、当時まだ大学生だった夫と出会い、彼が通っていた同志社大学の心理学の授業に潜りで入らせてもらったら、先生が一方的に話をするだけで、生徒が誰も質問しないのに驚いた。オークランド大学で学んだ心理学の内容と同じはずなのに、同じ科目を学んでいるとは思えないほど教え方のアプローチというかスタイルが違った。


(ある日のランチ)

・26歳で結婚後、中学校の先生を目指すべく佛教大学の英語英米文学科通信課程3年次に編入。大学卒業時に教員免許(高校英語Ⅰ種、中学英語Ⅰ種)を取得。

スクーリング(英語関連科目)では、形だけの英会話レッスンや、ただ順番に訳していくだけの授業の退屈さにカルチャーショックを受ける。

・大学の課題とスクーリングをしながらできる仕事ということで、EC◯とAE〇〇の英語講師採用試験に応募・合格し、両方のトレーニングを修了。結果的には仕事をより多くもらえそうだったAE〇〇で非常勤講師として勤務をする。

それぞれの社風も違ったし、カリキュラム、レッスンの雰囲気、教授法も個性があり勉強になった。

AE◯◯では、会話クラス・TOEFLクラス・英検一級クラスを担当。場所柄、生徒さんは医師、教員、京大生、公務員が多かった。

海外の学会で英語プレゼンテーションをする医師のプライベートレッスンも担当。

英検クラスを教え始めてから、生徒さんに「先生は英検Ⅰ級持っておられるのですか?」と質問され、思わず「はい」と答えたものの実際には受験したことがなく慌てて受験したら優良賞をいただいての合格。まぐれかもしれないと思い、次男を出産後もう一度受験したら、無事合格でひと安心。
高校と大学で習得した、多岐にわたる分野の語彙や知識が合格の助けになったと感じた。

・紫明幼稚園でⅠ年間(もしかしたら2年間思い出せない)、週一回の年中・年長クラス英語クラスを担当。

歌やチャンツ、ゲームなどの活動メインのカリキュラム。


(愛娘Gigi)

・28歳のときに教員免許取得見込みという状態で京都市立中学校への勤務開始。英語の授業で使うプリントの英文にはすべてカタカナがふられている…地域間での学力差を目の当たりにし、愕然とする。

・小中連携のモデル校として脚光を浴びた京都市立御池中学校で一年間常勤講師として勤務。中学1,2,3年と育成学級の授業を担当。分割授業、中学校でのフォニックス指導を経験。通常学級に在籍する、英語が読めない、書き取れない(文字として認識できない)生徒たちと出会う。

ちょうどこの年から御池中学校全学年、地域の小学校6年生に導入された『フィンランド・メソッド』についても学校で研修を受ける機会に恵まれた。
その後どうなったんだろう。まだ続けているのかなぁ。メソッド自体は素晴らしいのだけど…ね。

次の年に教員採用試験に合格。京都市立中学校英語科教諭となる。三年連続で担当学年は中学三年。学校制度、評価制度、受験制度の闇を目の当たりにする。積み重ね教科の英語を、一斉授業で行うことの限界も感じた。
be動詞がわからないまま中学3年生の授業を受け、受験に至る子どもがどれほど多いことか…。

・退職後、USJで英語通訳として勤務、現在に至る。
その間にも同時進行で複数の仕事をしている⬇

・自身主宰子ども英語クラス”Pepper English”を開始。

・半年間、非常勤講師として京都府立聾学校高等部で英語授業を担当。文法の基礎定着の重要性を再確認する。

・立命館大学臨床心理学部1回生の英語クラスを担当。アクティブラーニング(生徒主導型授業)スタイルの教材作り、多読教材選定にも携わる。大学での授業は今まで経験した中で一番楽しくてやりがいもあったが、授業準備(教材作成)が大変で、スケジュールに縛られることも息苦しく、一年で辞退。


(京都あけぼの文化サロンでのクラス)

・昨年度春より、学習支援を必要とする子どもたちの通う施設で英語クラスを担当。Jolly PhonicsとBBカードを使ったレッスンが好評で、個性豊かな子どもたちが英語を楽しんでくれている。

中でもBBカードは、様々な発達障害を持つ子どもたちの異年齢集団のグループレッスンでも威力を発揮。BBカードの魅力と可能性を目の当たりにし、一番驚いたのは私だと思う。

施設長さんも、じっとしていることが苦手な子どもたちが集中してグループレッスンの間座っていることが出来るというだけでも信じられないぐらいなのに、BBカードセンテンスを楽しそうに口ずさみ、ゲームが成立していることにもビックリするとおっしゃっていた。

自身主宰のクラスでもかれこれ2年ほど?使ってきたBBカード。小学生から中学生まで、レッスン振替などの関係で中学1年生と小学校2年生が一緒にレッスンを受けることもある私の教室。

意外と異年齢集団のほうが子供達一人ひとりが得るものも大きいような気がする。年齢を問わず楽しめるBBカードは、大人の生徒さんたちにも人気。

これを、今後どのように更に実践的な英語力定着につなげることができるのか、学びを深めるため、今週末はBBカード考案者 難波先生の講習を受けに東京まで行ってきます。

様々な教授法、教材、教育現場に触れてきた私を虜にするBBカードの魅力について、より多くの方に知っていただけたらとの思いから、
6月28日(木)『あけぼのマルシェ』にて
無料おはなし会「BBカードって何?何度も英語学習に挫折した方にこそ知ってほしい嘘のような本当の話」を開催します。

勧誘などは一切ありませんので(BBカードはAmazonでどなたでもご自由に購入できます→リンク☆)、お気軽にお越しくださいませ(予約不要)。

***************

《橋爪ひとみ主催イベント》

凸凹バンザイ!「虹色紫陽花♡あけぼのマルシェ」
http://wp.me/p8gqJe-FG

2018年6月28日(木)

10:00〜15:00

入場自由・無料

場所:『京都あけぼの文化サロン』http://pink-roses6.wixsite.com/kyotoakebono/about1-c1z94
(地下鉄鞍馬口駅より徒歩5分、京都駅より20分)
(近くにコインパーキング多数あり)

***

《橋爪ひとみ 無料おはなし会》
「BBカードって何?
何度も英語学習に挫折した方にこそ知ってほしい嘘のような本当の話」

11:00〜11:30

参加費無料・予約不要

***************


(先週末参加したマーシャルエキサイトコンテストにて。
肋骨強打の痛みのため2週間体を動かすことができず
練習なしのぶっつけ本番…
痛みに耐えて出場なんて、なんかすごいアスリートみたいですが
ただのド素人…運動不足により体重3キロ増量し体が重たいです)

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

英語お茶会【実践編】”What’s your PASSION?”

大好評!!
杉山佳苗珈琲&Eri’s Vegan Sweetsとのコラボ企画「英語お茶会」第6弾【実践編】!


(過去の英語お茶会の様子)

・自己紹介(各自1分ぐらい)
・自己紹介に関する質疑応答
・What’s your PASSION?(「情熱」について語ろう!)
に英語で挑戦してみましょう!

まずは「英語を話す」ことに慣れることが目的。
間違いを気にする「減点方式」ではなく、いかに伝えたいことを伝えられるかの「加点方式」
英語に親しんでみませんか?

今回のテーマは「PASSION(情熱)」

”PASSION”といってもすぐには何も思いつかないかも…と
思ったのですが…そういえば私のPASSIONは「食べること」
かな?(笑)

 

【Eriさんより】
アメリカなんかでは「what’s your passion?」なんてよく聞かれるんですが、趣味だったり、好きなもの、好きなこと、好きな人(歌手、俳優、芸能人から本物の彼氏まで)など、それぞれ熱く語れることをシェアできたら面白いかなと思いました✨
どんな話題が飛び出すのか今から楽しみ!!

英語初心者さんは見学メインでもウェルカムです。
みんなで、英語の世界ならではの本音トークに花を咲かせましょう!!

*************************

英語お茶会vol.6【実践編】
「What’s your Passion?〜情熱について語り合おう〜」

2018年6月26日(火)10:00〜12:00

会場:京都市北区Ripple+ing Garden
(お申込時に場所の詳細をお知らせします)
(近くにコインパーキング多数あり)
(地下鉄北大路駅より徒歩12分・市バス上堀川駅より徒歩2分)

参加費:2000円
(Eri’s vegan sweets,杉山佳苗ちゃんが淹れる珈琲つき)
(珈琲おかわり一杯につき+200円)

定員:8名

お申込みは「京都Ripple+ing Garden」メッセンジャー経由、または
ブログ内お問い合わせフォームよりお願いします。
2〜3日たっても返信がない場合は、
恐れ入りますが最後ご連絡をお願いします。

**********************

Eri Okada-Berkeleyさんが作ってくださる
アメリカンヴィーガンスイーツ!


(今回はキャロブケーキ♡)

卵・乳製品不使用。
植物性の材料のみを使用したヴィーガンのお菓子です。
加工食品は一切使いません。

Eriさんプロフィール:
岡田バークレー恵理 京都生まれ京都育ち。アメリカはシアトルやハワイでマリオットホテルグループやウォルト・ディズニー・カンパニーに勤めたのち、昨年26年ぶりに京都に戻ったばかり。二条の自宅でEri’s Vegan Cooking Kyotoというお料理教室を月に数回開講中。

**********************

杉山佳苗珈琲焙煎
http://kanaecoffee.ocnk.net

珈琲が飲めなかったのに、佳苗珈琲で珈琲デビューしたという方続出!!Eriさんもその中のお一人。

**********************

左から佳苗ちゃん、私、Eriさん♡
LOVE LOVE LOVEの三人が、みなさまのご参加をお待ちしていま〜す(^^)

Spice up your life with English!
「英語のある人生はオモシロイ!」

Mimi Pepper(橋爪ひとみ)
http://hitomi.pepper.jp/
日英通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

追記:我が家には一人娘の黒猫Gigiがおります。
イベント開催中はゲージに入れますが、猫アレルギーの方等おられましたらお知りおきくださいませ。

英語お茶会「Let’s talk about DREAM!〜夢について語り合おう〜」

大好評!!
杉山佳苗珈琲&Eri’s Vegan Sweetsとのコラボ企画「英語お茶会」第5弾【実践編】!


(前々回の英語お茶会の様子)

・自己紹介(各自1分ぐらい)
・自己紹介に関する質疑応答
・Let’s talk about DREAM!(夢について語ろう!)
に英語で挑戦してみましょう!

まずは「英語を話す」ことに慣れることが目的。
間違いを気にする「減点方式」ではなく、いかに伝えたいことを伝えられるかの「加点方式」
英語に親しんでみませんか?

今回のテーマは「DREAM(夢)」

”DREAM”といっても、将来の「夢」のみならず、昨夜みた「夢」や「夢」にまつわるエピソードなど…
どんな話題が飛び出すのか今から楽しみ!!

私の夢は、「旅」かな。
ずっと家を離れるのは寂しいけど、自分の気が向いた時に旅に出て、観たこともない景色や未知の世界に触れるのが好き。
国内外問わず自分が「行きたい」と感じる場所全てに足を運びたい。

具体的に行きたい場所は…
夢の実現のためにしていることは…

続きはお茶会で(^^)

写真は、先日日帰りで金沢〜富山を旅したときのもの。
日本にも素晴らしい場所はたくさんあるんだね。

旅でリフレッシュして、新たな視点や価値観に触れ、そして今の自分と自分の置かれている環境に立ち返る。
定期的に旅をすることは私にとって必要なプロセスなのだと感じました。
さらなる進化のために。

なんか自分の話ばかりしていますが、お次はみなさんの番ですよ〜〜!!!

英語初心者さんは見学メインでもウェルカムです。
みんなで、英語の世界ならではの本音トークに花を咲かせましょう!!

*************************

英語お茶会vol.5【実践編】
「Let’s talk about DREAM!〜夢について語り合おう〜」

2018年4月17日(火)10:00〜12:00

会場:京都市北区Ripple+ing Garden
(お申込時に場所の詳細をお知らせします)
(近くにコインパーキング多数あり)
(地下鉄北大路駅より徒歩12分・市バス上堀川駅より徒歩2分)

参加費:2000円
(Eri’s vegan sweets,杉山佳苗ちゃんが淹れる珈琲つき)
(珈琲おかわり一杯につき+200円)

お申込みは「京都Ripple+ing Garden」メッセンジャー経由、または
ブログ内お問い合わせフォームよりお願いします。
2〜3日たっても返信がない場合は、
恐れ入りますが最後ご連絡をお願いします。

**********************

Eri Okada-Berkeleyさんが作ってくださる
アメリカンヴィーガンスイーツ!


(参考写真 メニュー詳細決まり次第お知らせします)

卵・乳製品不使用。
植物性の材料のみを使用したヴィーガンのお菓子です。
加工食品は一切使いません。

Eriさんプロフィール:
岡田バークレー恵理 京都生まれ京都育ち。アメリカはシアトルやハワイでマリオットホテルグループやウォルト・ディズニー・カンパニーに勤めたのち、昨年26年ぶりに京都に戻ったばかり。二条の自宅でEri’s Vegan Cooking Kyotoというお料理教室を月に数回開講中。

**********************

杉山佳苗珈琲焙煎
http://kanaecoffee.ocnk.net

**********************

左から佳苗ちゃん、私、Eriさん♡
LOVE LOVE LOVEの三人が、みなさまのご参加をお待ちしていま〜す(^^)

Spice up your life with English!
「英語のある人生はオモシロイ!」

Mimi Pepper(橋爪ひとみ)
http://hitomi.pepper.jp/
日英通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

追記:我が家には一人娘の黒猫Gigiがおります。
イベント開催中はゲージに入れますが、猫アレルギーの方等おられましたらお知りおきくださいませ。