夏バテ対策、どうしてますか?知っておいて損はない「スポーツ飲料の害」

暑い夏が続きます。

「猛暑」「酷暑」という言葉がぴったりなのではないかと感じるぐらい、ここ数日の京都はすごいことになっています。

できるだけクーラーは使わずに扇風機のみで暑さを凌ぐというポリシーの我が家ですが、過去二日ほどは日が昇ると共に信じられないぐらいの熱気が家の中に充満し熱中症対策のため朝から やむを得ずエアコンをつけました。


(日曜日、『シチクガモリの夏祭り』にて)


(『妃屋』さんの かき氷)

夏バテ、熱中症対策、みなさんはどうしておられますか?

私が個人的に心がけているのは

・睡眠をしっかりとること。

・常温の水・お茶で、こまめに水分補給。
(キンキンに冷えた飲み物はできるだけ避ける。)
関連記事→「熱中症対策の水分補給、冷たい水はダメ?…」

・新鮮なお野菜、夏野菜をたっぷり摂る。

・ホンモノの梅干し、良質の塩を食生活に取り入れる。

などかな。水分ミネラル補給のために、スポーツドリンクを常備しているという方も多いかもしれませんが

「スポーツドリンクの害」についてはあまり知られていませんよね。

テレビのCMなどで目にするスポーツドリンク。私の職場でも、特定のスポーツドリンクが熱中症対策に有効として推奨、支給されていますが、そこには大人の事情が見え隠れするようなしないような(笑)。


(残り物で作ったある日の昼ごはん。ピーマンのサラダは つぶした梅干し入り)

小さい子どもさんが、ペットボトル入りのスポーツ飲料を一人で飲み干している姿を目にすることがあります。

一般的なスポーツ飲料ペットボトル一本あたり(500ml)には、なんとスティックシュガー10本分、角砂糖なら8個分の糖分(20~30g)が含まれています。。

小学生が一日に摂ってよい砂糖の量が20~25g、角砂糖で56個分であることを考えると、子どもがスポーツ飲料を飲んだだけで軽くそれをオーバーしてしまうことに!!
(関連記事→「子どもの砂糖摂取量は一日25gにすべき」

近年では子どもの糖尿病も増えてきています。
(関連記事→「糖尿病ネットワーク」

じゃあ、「カロリーゼロ」「カロリーオフ」のスポーツ飲料にすればいいんじゃないかという声が聞こえてきそうですが、それらに含まれている人工甘味料がまたクセモノ!

例えば、砂糖の600倍もの甘味があるとされるノンカロリーの添加物「スクラロース」は、れっきとした「有機塩素化合物」。農薬開発の過程で、偶然の産物として発見されたものなんですって。
(関連記事→「スクラロースとは。安全性や使用基準について」

糖尿病の予防や治療に有用と思われている人工甘味料の慢性的な健康への影響についても、興味深い調査結果があります。
(関連記事→「人工甘味料と糖代謝」

ここに私が紹介したことは、ちょっと調べてみればネットで入手できる情報の一例。根拠なく書かれている記事(情報源が明らかにされていない)もあれば、論文やデータなど何かしらの裏付けに基づいて書かれているものも…。ランダムに検索して出てきたものを紹介していますので、これが絶対に「正しい」ものではない可能性があることはご了承ください。

砂糖や添加物については、それぞれの立場の方たちが自分や自分の雇われている会社にとって都合の良いように情報を流していますから、消費者として常に疑いの目を持ち、何が真実なのかを見極める力を持ちたいもの。

とはいっても、汗だくになり火照った身体に冷たく冷えたスポーツ飲料はたまらなく美味しく感じるし、地蔵盆やPTA,親戚の集まりなどでは、バケツに張った氷水で冷やしたジュースやスポーツ飲料が夏の風物詩であるのも事実。

大切なのは、「バランス」ではないかと私は考えています。

自分の子どものために市販のスポーツ飲料やジュースを買うことは ほぼありませんが、おばあちゃんの家やお友達のお家ではきっと普通のジュースやお菓子も食べされてもらっているだろうし、それは感謝とともに、子どもたちの経験として受け止めようと思っています。心の栄養も大切にしたいですものね。

かく言う自分も、仕事で外へ出たときには添加物まみれのエナジードリンクや市販のお菓子に手を出すこともあり。

ただ、「時々摂取する」と、「常時摂取する」には、大きな違いがあると思うのです。すぐに身体に悪影響が出ることはないかもしれませんが、有害な物質を日常的に摂ることは、とても怖いことだと本能的に感じます。

もはや、普通に生活している中で避けては通れない「添加物」との付き合い方について、ぜひ一度しっかりと学びたいと思っていた矢先に出会ったのがこの御方。

ナチュラルフード研究家 中村あきつさん。

なんだかよくわからない添加物。
でも自分と家族の健康のために、たった2つの添加物を取り除くだけなら、なんとなく私にもできそうな気がする!!
おばあちゃんにも説明してわかってもらえそうな気がする!

砂糖についても、いつかわかりやすいかたちで情報共有できたらと思いますが、まずは「食品添加物との付き合い方」について、一緒に学んでみませんか?

以下、あきつさんが講師をつとめてくださるワークショップのご案内です。

今すぐできる添加物の排除の仕方なぜそのたった2つの添加物を辞めた方が良いのか、添加物を辞めるメリットは何なのか。についてお話くださいます!

*****

2018年8月6日(月)10:00〜12:00
ワークショップ詳細記事→

*****

主催:橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

******

【Ripple+ing Garden 講座・クラス・イベント情報】

『遊びながら英語が身につく☆BBカード体験会』

2018724日(火)

10301130 (満席) / 13:00~14:00 (残席6  7/12現在)

対象:B.B.カードで遊んでみたい方ならどなたでも

参加費:500

詳細→

パパ、ママのための『添加物とのつきあい方』ワークシップ

「添加物」と聞いて、みなさんはどんなイメージを持たれますか?

食品保存のために便利なもの?必要不可欠なもの?
それとも、身体によくなさそうだからできるだけ避けたいもの?

私達の心と身体は、食べたものからできていると言っても過言ではありません。この夏休み、「添加物」について基本のキから学んでみませんか?

 

NYCの総合食養(ホリスティック栄養)学専門学校(IIN)の同窓生で、ニューヨークのハーレムに住む中村あきつさんが、アメリカでパパママ向けに開催しておられる講座を、京都でもしてくださることになりました!!

以下、あきつさんからのメッセージです。

 

*****

 

『添加物とのつきあい方〜たった2つの添加物を取り除いて、生活を変えてみませんか?』

添加物が身体に悪い、危険だというのはわかるけれど、添加物の数は多いし、何がどう悪いのかいちいち覚えてられません。
それに具体的にどうやって辞めたら良いのか、どんなのを使ったら良いのかまでは教えてくれません。
実際問題、添加物の入っていない商品は高いし、有機食品、無農薬が良いとわかっていても、全てを変えるにはお金がかかりすぎます。それよりも本当に添加物を辞めた方が身体に良いの?
 ・
そんな疑問をお持ちの方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか? 添加物を辞めるのは大変です。わたしも10年近い時間をかけて添加物のない生活へと移行しました。
このワークショップでは、今すぐできる添加物の排除の仕方なぜそのたった2つの添加物を辞めた方が良いのか、添加物を辞めるメリットは何なのか。
そして具体的にどのような調味料を使ったらよいのかがわかります。 まずは「あなたができること」から一歩、始めてみませんか?
 ワークショップに参加される方に、ふりかけの味比べ、無添加で作ったお漬け物を食べてもらいます。
 ・
 ・
 講師:ナカムラアキツ(ナチュラルフード研究家)
幼い頃から「病気は食事で治す」信念の母に育てられ、自らも幼い時から食に興味を持ちました。と同時に甘い物、ジャンクフードやファーストフード大好きでもありました。
大人になってからはバック一つで世界を旅して、いろんな国のご飯を胃に収め、1999年にニューヨークに落ち着きました。
2006年の出産を機に、ナチュラル、ケミカルフリーライフへゆっくりとシフト。日々自分の身体を使っていろいろと実験しています。
武蔵野美大出身。ホリスティック栄養学で世界最大の学校、Institute for Integrative Nutrition(IIN)でホリスティック・ヘルスコーチの資格を修得。
ただいま添加物を使わない身体に優しい料理の勉強と共にハーブも勉強中。
Instagramで添加物を使わないお弁当やお総菜などをアップしています。akitsunholistic (https://www.instagram.com/akitsunholistic/)
ブログ『ニューヨークでナチュラルライフ、始めました』http://nynaturallife.hatenablog.com
 ・
*****
 ・
なんと、漫画家でもある多才な あきつさん。
私とは出会った瞬間から意気投合!とっても明るくてオープンでおもろい方です。
*****
『添加物とのつきあい方〜たった2つの添加物を取り除いて、生活を変えてみませんか?』
2018年8月6日(月)10:00〜12:00
参加費:3500円
(ふりかけ・無添加お漬物試食、お茶含む)
会場:京都Ripple+ing Garden
(最寄り駅:地下鉄北大路駅・市バス上堀川)
(近くにコインパーキング多数あり)
講師:ナチュラルフード研究家 なかむら あきつ
*****

お申込み、お問い合わせはメッセンジャー『京都Ripple+ing Garden経由、
またはHitomi Pepperホームページ内の「Contact」フォームよりお願いします。

23日経っても返信がない場合は、メッセージが届いていない可能性がありますので恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。

*****

主催:橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

******

【Ripple+ing Garden 講座・クラス・イベント情報】

『遊びながら英語が身につく☆BBカード体験会』

2018724日(火)

10301130 (満席) / 13:00~14:00 (残席6  7/12現在)

対象:B.B.カードで遊んでみたい方ならどなたでも

参加費:500

詳細→

IIN同窓会@『プラス・ヴィーガニック』 in 自由が丘

食べることは生きること

先日、東京にて参加したNYCの総合食養(ホリスティック栄養)学専門学校(IIN)の同窓会。
https://www.integrativenutrition.com/

会場となったのは東京自由が丘のPlus veganique(プラス・ヴィーガニック)https://www.plus-veganique.com/

なんともオシャレでセンス抜群のお店。
さすが自由が丘〜〜(お上りさん!人生初の自由が丘なんやもん)

映画のワンシーンに紛れ込んだかのような店内。

「野菜のおいしいヴィーガニックスタイル(ヴィーガンとオーガニックとマクロビオティックの融合を目指す)な100%ヴィーガンレストラン」(お店のホームページより引用)ですって♡

私は三人の子供の妊娠・出産を機に「食」「健康」「本当の幸せとは」に興味を持ち、三男出産後、IINへ入学。

一年かけて通信教育でホリスティック栄養学について学び、公認総合食養ヘルスコーチの資格を取得しました。

東京で大活躍中の公認総合食養ヘルスコーチの大先輩、ソフィアウッズ・インスティテュート代表の森ちせさん(一枚目写真右)がオーガナイズしてくださって実現した今回の同窓会。

そこで出会ったニューヨークのハーレムに住む中村あきつさん(一枚目写真右から二番目、一時帰国中)が、

米国で開催しておられる母親(父親)向けの添加物についての講座を京都でも開催してくださることになりました!!!

詳細は近日中にアップしますが、みなさん
86日(月)ぜひあけておいてくださ~~い!!

ちせさんからは素敵な御縁をたくさんいただいています。ありがとうございます♡

森ちせさんのブログ、大変勉強になりますので、ぜひみなさんも一度覗いてみてくださいね(^^)
http://www.sophiawoodsinstitute.com/about/index.html

同窓会でお会いしたIIN卒業生の皆さまの活動、写真のお料理の詳細についても、ちせさんがご自身のブログで紹介してくださっています。
http://blog.sophiawoodsinstitute.com/wp/nyc%E3%81%AE%E7%B5%B1%E5%90%88%E9%A3%9F%E9%A4%8A%EF%BC%88%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E6%A0%84%E9%A4%8A%EF%BC%89%E5%AD%A6%E5%B0%82%E9%96%80%E5%AD%A6%E6%A0%A1/

ちせさんとはもうかれこれ3〜4年ほど?のお付き合いになるかと思うのですが、実際にお会いしたのは今回が初めて!!

ネット上でのお付き合いから「知的でクールな女性」のイメージを持っていましたが、生(笑)のちせさんは、チャーミングで気さくて想像以上に魅力的な方でした。

ほんでIIN卒業生のみんなはスリムやった!!当たり前か??
ぽっちゃりさんは私だけ〜〜(肋骨を怪我してから体重2キロ増えた…と自己紹介でも言い訳しておきました…トホホ)

SNSの時代だけど、やっぱりリアルで会うのが一番通じあえるね。

***************

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

『遊びながら英語が身につく☆BBカード体験会』

通信教材で英語早期教育、フラッシュカード、お家英語(親が子供と英語で話す)等々

ちまたには、子どもの英語教育に関する情報が溢れています。

「△△さんところの子どもさんは、〇〇をして英語がペラペラになったらしい」

そんな話を聞くと、〇〇に飛びついてしまいたくなるのが親心。

でもちょっと待って!

「英語がペラペラ」って具体的にはどういうこと?

△△さんところの子どもさんと、自分の子どもは感性も学習スタイルも違うかもしれませんよ。

一番大切なのは、「楽しんで続けられるかどうか」
「将来的に必要な英語力の土台をしっかりと築けているかどうか」
ではないでしょうか。

*****

私 橋爪ひとみが、数々の英語教授法に触れてきた中で、一番手応えを感じているB.B.カード。実際に手にとって触れて一緒に遊んでみませんか?

お家での英語学習にB.B.カードを取り入れたいという親御さんのために、保護者のためのB.B.カードクラス

遠方の方も通いやすいように月イチ親子B.B.カードクラスもいいかも?など、あれこれ考えています。

詰め込みや大量の宿題にうんざりしてしまう「英語」ではなく、楽しさ、わかる喜び、育ち合い学び合う子供同士の心の交流、そんな明るさに溢れた「英語」のイメージを持って子どもたちが成長してくれたらと願っています。

新規生徒さんも若干名受付中。

まずはお気軽に、体験会へ起こしくださいませ♡

*****

『遊びながら英語が身につく☆BBカード体験会』

2018724日(火)

10301130

対象:B.B.カードで遊んでみたい方ならどなたでも

参加費:500

会場:京都市北区 Ripple+ing Garden
(最寄り駅 市バス東高縄町より徒歩2分・地下鉄北大路駅より徒歩15分)
(近くにコインパーキング多数あり)

講師:橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

略歴→☆

・英語検定1級(優良賞受賞)
・TOEIC930点
・国連英検A級

*****

お申込み、お問い合わせはメッセンジャー『京都☆Ripple+ing Garden』経由、
またはHitomi Pepperホームページ内の「Contact」フォームよりお願いします。

23日経っても返信がない場合は、メッセージが届いていない可能性がありますので恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。

*****

【関連記事】

「橋爪ひとみの英語歴」

Pepper English4年間の歩み」→

浄化の雨、人生の転機、私の決断

大雨もようやく降り止み、見上げれば澄み渡る青空と白く輝く雲。
被害に合われた多くの方々の悲しみと涙を想うと心が痛みます。その先にもいつか晴れ渡る空が広がりますように。

私にとっては「浄化」のように感じられた今回の雨。個人的にも人生の転機となるような決断を後押しされた、不思議な雨でした。


(加茂街道から望む鴨川 先週土曜日撮影)

以下、先週の木曜日に書いた文です。

*****

今日は朝からザーザー雨。定刻通りに電車が動いてくれるか心配しましたが、なんとか8時の出勤時間には間に合いました。そして隙間時間をみつけては、こっそりこんな記事を書いている私

昨日は朝4時半に起きて地下鉄始発で出勤。14時に仕事を終えて京都へ戻り(帰りのJR新快速の中で目覚ましをかけて仮眠)、16時半からの子ども英語クラスにギリギリ間に合う16時に帰宅。なんせ通勤に片道2時間かかるのでこんなスケジュールになってしまう。夕飯後すこし仮眠をとり、22時からは大好きなマーシャルエキサイトクラスに参加するためジムへ。

連日こんなかんじでバタバタしていて、空き時間にはあれこれ自分の予定を詰め込んでしまうという哀しい性。そろそろ働き方を見直したいと考えていた矢先に、その答えがハッキリ出るような出来事がありました。

昨日は朝から前述のように馬車馬のように働き、でもそこにかつての自分が感じていた喜びはなく以前は大阪の職場に足を運ぶことが楽しいと感じていたし、やりがいや手応えもありました。

今は収入のため、安定のためという気持ちが強く、仕事の内容に情熱を感じられないことがほとんど。もちろんそれでも時々は難易度の高い達成感のある仕事をさせてもらえる機会もあり、だからこそ今の状態を手放せずにズルズルいるのですが、そんなことがもうどうでもよくなるぐらい嬉しいことがあったのです。

昨日の子ども英語クラス、2コマそれぞれのレッスンでBB.カードの作文に挑戦し(口頭で)、それができたときの子どもたちの輝きに満ちた表情といったら!!それを間近で見ることができたことに、心から感動しました。

私の英語クラスは特殊です。例えれば昔の寺子屋のようなスタイル。クラスごとの子どもたちの年齢もまちまちの縦割り編成で、これといったテキストを順番に進むわけでもありません。4年前(もうそんなになるのかな??)モニタークラスを開講したときに通い始めてくれた子どもたちが中学生になっても通い続けてくれています。

第一期のクラスはイギリスの小学校で使われている文字と音声の関係性をひとつひとつ学ぶJolly Phonicsをメイン教材とし、そこにOxford Reading TreeJolly Musicをプラスしていました。自宅で開講した第二期の生徒たちもJolly Phonicsメインですすめ、BB.カードを補足的に使ってきました。

たしかにJolly Phonicsは、正しく教えれば必ず結果が出ると言われているだけあり、昨年度春より教えている学習支援センターの子どもたちにも好評。確実に読み(書き)ができるようになる素晴らしい教授法です。一通り文字が読めるようになったところを多読に結びつけるのが王道なんだろうなと多読用教材も用意してみたものの、もともと本が好きでどんどん読みたがる子どもと、そうでない子どもたちの差が大きいと感じていました。

そんな折に東京でBB.カードの講座があると知り、思い切って参加。2年ほど前、私が初めてBB.カードの講座に参加したときの講師が、なんとBB.カード考案者の難波先生御本人。そして、今回東京で受けた講座の講師をつとめてくださったのは、その娘さんでした。

BB.カード40年の歩みを一番近くで見てこられたお二人から、開発秘話、その後の展開について直接お聞きすることが出来る幸運!!

BB.カードの魅力と可能性のみならず、B.B.メソッドという教育観にも深く感銘を受けました。

先月中旬に講座を受け、早速その後のクラスで学んできたことを還元していますが、やはり子どもたちの反応が違います。食いつきがいいし、普段「お勉強」に興味のなさそうな子どもも、豊かな想像力を駆使して面白い文を考えたり奇想天外なアイディアを出し、イキイキとしてレッスンを楽しんでいるのです。

もちろん勝ち負けのあるゲームとなると、喧嘩したり不機嫌になる子がいたりどう対処すればよいのか、その都度みんなで考えたり話をしたりします。その感情の動きこそが、英語の習得に不可欠なものなのだそうです。

私のクラスはオールイングリッシュではありませんし、時々「英語」とは全く関係のなさそうな奴隷制度や児童就労、毛皮・ペット産業の話をしたり、通訳の仕事を通じて経験したこと、学習支援施設で関わっている発達障害を持つ子どもたちについて話すこともあります。もちろん英語の成り立ちや、その文化的背景、中学校英語はどのようなものかについても伝えています。

「英語」の先にあるもの「みんな違ってあたりまえ」「自分を認め他者も認める」のような価値観や物の見方を子供の頃より持つことは、その人の人生を豊かにすると思うからです。

少し話がずれましたが、BB.メソッドでは、無理やりクラス全員に同じ作業を押し付けることもありません。その子のペースやそのときの気分を大切に、長い目で「英語」「自学(自分で学ぶ)の力」を育むアプローチ。

これは、私が4年前に自分の英語クラスを始めた当初から持ち続けている想いにも共通するものです。

毎回クラフトや目に見える形での成果物を持ち帰るわけでもないので、親御さんは「今日なにしてきたの?どんなこと勉強してきたの?」と不安になられることもあるかもしれません。子どもの答えはきっと「え?遊んできた。またビンゴした」かな(笑)。

定期的なニュースレターなどの発行もなし。送り迎えをしてくださっている親御さんには口頭でレッスンの様子などお伝えしますが、そうでない親御さんとは申込みしてくださって以来、学校行事(私の子どもたちが通う小学校区の子どもたちが多く通ってくれているので)でお話をするか、私のブログを通しての発信しかしていないのが現状です。

よくもこんな状態で、何年も私を信頼して子どもさんを任せてくださっているなと思うのですが本当にありがたいことです。

この4年間、USJでの通訳の仕事を生活の中心にすえてきました。早朝、深夜、不規則な勤務時間。しんどい仕事も自分の糧になりそうなものは積極的に受け、入社したときには絶対自分にはできないだろうと怖気づいていたような仕事も、今ではできるようになりました。

おかげさまで、イベント通訳やセミナー通訳、翻訳などUSJ以外からの案件のご依頼もいただき、「通訳」として更に精進していきたいとの気持ちも強く持っています。

これからは、ただがむしゃらに働くのではなく、その内容を精査し、自分が心からしたいと思う・喜びを感じる仕事だけをしていこうと決めました。秋には新しい働き方の形にシフトしていけるように、この夏にはいろいろなことを整理します。具体的には、通訳としての仕事量を調整し、ご要望の多い 子ども・大人BB.カードのクラスをきちんと作ろうと思います。
※7月24日(火)10:30〜B.B.カード体験会開催。詳細は別記事に書きます。)

優柔不断だった私に、有無を言わせぬほどビシッと心を決めさせてくれたのは、子どもたちでした。英語クラスに通う子どもたち、愛する三人の息子たち。この子達の笑顔を見るのが好きだから、私は自分の心に従うことを選びます。

気付かせてくれてありがとう。
私には、自分の心に嘘をつく生き方は合わないようです。

*****

追記

この記事を書いたのが木曜日。そしてその日の夜、なにかに背中を押されるようにして退職の意志を会社に伝えました。

降りしきる雨の音にまじって携帯電話からの避難勧告アラームが何度も鳴り響く中、それまで迷い続けてきたことが嘘のように、すっと心が決まったのでした。


(2018年3月、ハワイ島にて)

***************

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

ワタシよろこぶ『あけぼのマルシェ』盛況御礼!!

楽しかった!

2018年6月28日(木)開催『あけぼのマルシェ』

おかげさまで多くの方々がお越し下さり、会場の『京都あけぼの文化サロン』は終始賑やかな笑い声に包まれました。

2013年12月より続けてきたマルシェ主催ですが、もし今回自分が心から愉しむことができなかったら…もう辞めてしまおうかとまで思いつめていました。

ここしばらく、あまりにもいろいろなことを抱えすぎて
何が大切でなにがそうでないのか、感じることさえできないぐらいに感覚が麻痺してしまっていたから

先々月、お風呂で滑って肋骨を強打したときに現状維持は不可能だということを痛感し、自分にとっての優先事項をきっちりつけなくてはと少し仕事の面で整理をしたつもりだったけれど

それでも慢性的に疲れ切った状態が続いていました。

「誰かが喜んでくれるからとか
他の人の幸せのためになんて、そんなことじゃないねん。

自分がどうしたいか。
どうすることを自分の魂が望んでいるのか。

何をすることで喜びを感じられるのか。

自分の魂がヨロコブことをしていたら
自然と全てがまわりだし
周りにも幸せが波及してゆく。

そうでないところにエネルギー使ってたら
ひとみちゃんの魂が悲しむで。」

***

大好きな彼女がいつも私にかけてくれる言葉。

ほんまにそうやと思う。

私は母方の祖父母と叔父、その息子(従兄弟)、そして自分の家族が同居する家で生まれ育ちました。

小学校一年生のときにその祖父母が相次いで亡くなり
ただでさえギクシャクしていた家の中はひっくり返り

暗い暗い時期でしたが、唯一救われたのが初七日やお逮夜、法事など親戚が集まり家の中が賑やかになるときでした。

私にとってのマルシェは、そういう位置づけなのかもしれません。

寂しがりやだから、大好きな人たちと集まって
その日だけでも楽しい時間を共有することで
元気をもらったり勇気づけられたりしている。

***

だから、たのしんでいるのはワタシ。

よろこんでいるのはワタシ。

そんなワタシを見て
よろこんだり笑顔になってくれる人がいたら
それは思いがけぬ副産物。

あけぼのマルシェは私のココロの拠り所。

他の誰かにとってもそこが居心地のよい場所となれるなら
そんなにうれしいことはない。

英語クラスも
BB.カードも
うまく説明できないけれど好きだから続けている。

これからも続けていきたいと思っている。

そして
うまく説明できないけど、もう手放そうと思っていることもある。

変容したい。

強くなりたい。

自分の感覚を、自分を信じ切ってあげたい。

そんな想いを込めて胸に描いてもらったメヘンディ。

変容のモチーフ、蝶。

次みんなに会うときには、古い自分から卒業できているかな。

次回マルシェは2018年8月28日(火)

またみなさんにお会いできる日を楽しみにしています♡

***************

マルシェ中に開催した英語学習教材B.B.カードに関するお話会。

多くの方が興味を持ってくださいました!

リクエストもいただき、この夏休み中にB.B.カード体験会を開催することにしました。近日中に予定発表します(^^)

***************

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

 

英語を諦めたくない人に知ってほしい、BBカードの魅力

やっぱりすごい、BBカード‼︎

遊んでいるうちに自然と英語が身につく魔法のようなメソッド。



土曜日始発で東京へ向かい、B.B.カードの深め方について二日間の講座を受けて来ました。教えてくださったのは、B.B.カード考案者難波先生の娘さんでもある難波先生。いろいろな裏話も聞けて面白かった!
わさわざ足を運んだ価値がありました。


月曜日の学習支援センター英語クラスで早速学んできたことをアウトプット。子どもたちの食いつきが違います。


子どもから大人まで楽しみながら一緒に学べるB.B.カードについて、ひとりでも多くの方に知っていただけたらとの想いから、28日(木)『あけぼのマルシェ』で無料お話会「遊びながら英語が身につく?嘘のような本当の話」を開催します。(参加自由・予約不要)
詳細は下記をご覧くださいませ↓↓↓


B.B.カードはアマゾンでも普通に買える教材。
4800円(+税)で一生モノの英語力が身につくのです。
良心的すぎるわ…あらゆる意味において。

***************

《橋爪ひとみ主催イベント》

整えるココロとカラダ「虹色紫陽花♡あけぼのマルシェ」
http://wp.me/p8gqJe-FG

2018年6月28日(木)

10:00〜15:00

入場自由・無料

場所:『京都あけぼの文化サロン』http://pink-roses6.wixsite.com/kyotoakebono/about1-c1z94
(地下鉄鞍馬口駅より徒歩5分、京都駅より20分)
(近くにコインパーキング多数あり)

***

《橋爪ひとみ 無料おはなし会》
「BBカードって何?
何度も英語学習に挫折した方にこそ知ってほしい嘘のような本当の話」

11:00〜11:30「あけぼのマルシェ⬆会場にて」

参加費無料・予約不要

***************

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

Passion!!初夏の英語お茶会

今回でちょうど一歳のお誕生日を迎えました!!


(前回のお茶会時の写真)

杉山佳苗ちゃんの珈琲、
Eriさんのヴィーガンスイーツ、
私 橋爪ひとみの司会ですすめる「英語お茶会」

詳細はこちらのイベント案内を御覧ください→☆

内容も試行錯誤を繰り返し、どんどん進化。今回が六回目の開催。

始めの三回は、英語について日本語で語り合う会でしたが、その後は【実践編】として英語を話す機会を設けました。

この会に参加したことをきっかけに、英語学習に本腰を入れたという参加者さんもおられるのは大変うれしいこと♡

今回もお茶会終了後に主催者三人でミーティングをし、次回からは、さらに英語でのアウトプットを増やせる仕組みづくりを導入することにしました。

Eriさんの愛情たっぷりふんわりヴィーガンキャロブケーキと、佳苗ちゃんのカフェイン精霊が宿る自家焙煎コーヒーでエネルギーチャージしながら、

今回のテーマ”What’s your passion?”についての会話が弾みます。

Eriさんから、実際に使える英語表現を紹介していただいた後に、ひとりずつ英語で発表。

”My passion is …”
”I’m passionate about …”
“I have passion for …”

みんなでアツ〜〜く盛り上がったパッション話。

***

 

最後には、”If you don’t have to work, what would you like to do?”(もし仕事をする必要がなかったとしたら、あなたはどんなことがしたいですか?)

Eriさんからの素晴らしい問いかけに一人ずつ英語で答えて終わりました。
みなさんのTrue passionが、具現化されますように。

今日は体調不良や怪我で急にご都合の悪くなった方が2名おられ、参加者6名での開催となりました。

私も含め、なんだか体調が優れなかったり、怪我や突発的な出来事で人生の転機を迎えている方が多いように感じます。

そんなときには、ゆっくりやすんで英気を養うのが一番。佳苗ちゃんも言うてはりましたが、少しだけでも土に触れる時間を持つことは、人間にとって大事なんやろうなと感じます。

次回英語お茶会は、少し先になりますが
2018年9月26日(水)10:00〜12:00

涙あり笑いありの摩訶不思議な英語お茶会。
安心して自分をさらけ出せる、”safety zone”へ、あなたも足を踏み入れてみませんか?

今日の私は自分をさらけだし、ほぼすっぴんでの参加でした(笑)。実際には朝お化粧をする時間がなかっただけ…チャンチャン♪

参加者のみなさん、Eriさん、佳苗ちゃん、いつもありがとう♡

***************

《橋爪ひとみ主催イベント》

整えるココロとカラダ「虹色紫陽花♡あけぼのマルシェ」
http://wp.me/p8gqJe-FG

2018年6月28日(木)

10:00〜15:00

入場自由・無料

場所:『京都あけぼの文化サロン』http://pink-roses6.wixsite.com/kyotoakebono/about1-c1z94
(地下鉄鞍馬口駅より徒歩5分、京都駅より20分)
(近くにコインパーキング多数あり)

***

《橋爪ひとみ 無料おはなし会》
「BBカードって何?
何度も英語学習に挫折した方にこそ知ってほしい嘘のような本当の話」

11:00〜11:30

参加費無料・予約不要

***************

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

 

整えるココロとカラダ「虹色紫陽花♡あけぼのマルシェ」

先日の地震、びっくりしましたね。

地球は生きている、
私達人間は生かされているのだということを痛感しました。

こんなときだからこそ、
ココロとカラダを整え
深呼吸をして
内側からしっかり潤っていきたいものです。

*****

真心込めて作られた食べ物・飲み物を味わい
創り手さんの想いを感じながら目の前にあるものを手に取る。

マッサージで肌に触れてもらい
タロットや手相セラピーで心に触れてもらう。

ウクレレの音色の心地よさに身を委ね
ただただ「今」を愉しむ。

あなたと私が集ったら
そこにはどんな笑顔の花が咲くのでしょう。

凸凹バンザイ!
心を寄せ合って人のぬくもりを感じて…
「虹色紫陽花☆あけぼのマルシェ」

今、共に生きられるこの瞬間を
謳歌しませんか。


by【Atelier arrosoir】

*********************

整えるココロとカラダ「虹色紫陽花♡あけぼのマルシェ」

2018年6月28日(木)

10:00〜15:00

入場自由・無料

場所:『京都あけぼの文化サロン』http://pink-roses6.wixsite.com/kyotoakebono/about1-c1z94
(地下鉄鞍馬口駅より徒歩5分、京都駅より20分)
(近くにコインパーキング多数あり)

************************

 

【出展者さん一覧】

初出店!!!
☆自家焙煎珈琲【杉山佳苗珈琲】

珈琲から広がる佳苗ちゃんの精神的珈琲世界!!
http://kanaecoffee.ocnk.net/


(我が家での英語お茶会イベントにて
佳苗ちゃん右)

☆赤ちゃんも安心 卵乳製品不使用
ヴィーガンスイーツの大御所【虹色パンダ】http://pandacake.jp/

口の肥えた大人も唸らせる千絵ちゃんのスイーツ。
素朴で懐かしくて何度食べても飽きない味。

思わず「おかぁさ〜〜ん!」と叫びたくなるかも??

☆自家製天然酵母パン 【AOW】http://aowzora.jimdo.com/

毎回売り切れ御免、早いものがちのパン。

噛めば噛むほど味わい深い、
本物のパンです。

☆本場顔負け イギリス焼き菓子British Scones & Tarts
【aurora sweet】http://aurorasweet.seesaa.net/

イギリスから帰国したばかり!
パワーアップした むっちゃんの お菓子から
目が離せません!!

元気な無農薬野菜【musubi-ya】http://www.musubiya.net/about

***********************

☆幸運を招く お守りアート・メヘンディ
【華映☆】

関連記事「願いが叶うメヘンディ」

ボディケア&フェイシャル【Salon de Corron】http://salon-de-corron.com/
美構造フェイシャル…1000円
頭蓋骨調整+足首 etc.

☆モモちゃんの足ツボマッサージ【Bali Thai】
1000円(足湯つき)

タイ式マッサージ【みはれやÅちえまる】
頭スイッチオフにして、ココロとカラダ、ゆるめて一緒に寛ぎませんか?

30分下半身プラスαコース2000縁
15分足中心コース1000縁

***********************

手相セラピー【トラハム】(1セッション 1000円)
https://healing-heart.jimdo.com/プロフィール/トラハム/

☆心のモヤモヤを一掃して光に変える【Heartscape】 タロットセッション(30分 3000円 追加10分につき1000円)http://ameblo.jp/heartscapekyoto/



*************************

☆ドライ・プリザーブドフラワー
リース、アレンジメント【Atelier arrosoir】

前回出店時もあっという間に品薄になった
センス抜群、お財布にもやさしい作品の数々。

☆レジンアクセサリー【ocean】
レジンアクセサリー ピアス中心
ワンちゃんとお揃いの柄でピアスやキーホルダー

☆紙モノ文具【みーtoo】
ペーパーチップ使ってのオリジナルポストカード
ペーパーチップ

*************************

☆はじめてみませんか、音楽のある暮らし
《池田さんのウクレレ教室》
12:30〜13:30(参加費500円 貸出用ウクレレあり)

初心者さんもお気軽にウクレレデビューしてみてね♪
教え上手の池田さんの手にかかれば、
今日からあなたもウクレレ名人!

池田さんによる講座のお申し込み、お問い合わせはHitomi Pepper Contactページ 問い合わせフォームよりお願いします。※数日たっても返信がない場合お手数ですが再度メールをお願い致します。当日飛び込み参加も大歓迎!

********************

《橋爪ひとみ 無料お話会》
「BBカードって何?
何度も英語学習に失敗した方にこそ知ってほしい
嘘のような本当の話」

11:00〜11:30(参加費無料・予約不要)

********************

《子ども服・用品・不用品無料コーナー》
持ち込みも大歓迎!
大人服や食器類も大歓迎!

二階にイートインスペースもあります。
ほっこりおくつろぎくださいませ♪

主催
【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

私の〇〇遍歴~やっと出会えた運命の人~

You can only speak from your own experience.
「人は自分の経験に基づいたことしか話せない。」

自分の人生を振り返ると、今に至るまでに様々な経験をしてきた。考えているだけでは物事の本質は見えてこないと思うから、とりあえずは行動に移し体験してみる。

それが自分に合っているかどうかなんて、実際にやってみないとわからないし、しばらく続けてみないと本当の相性もわからない。

はじめは「いいな」と思っていた相手だって、何度か会ううちに化けの皮が剥がれて
「ただの見掛け倒しだったんだ!!」と落胆する場合もある。ワンパターンですぐに飽きてしまうかもしれない。

そんな〇〇遍歴の多い私が、やっと出会えた運命の人。


(USJ正面ゲート前の植栽)

それはB.B.カード。
http://www.selm-j.com/bbcard

私の「英語遍歴」、お話します。
正確には、「英語(教育)遍歴」とでも申しましょうか。

・高校二年まで京都の公立学校へ通う。
小学校6年生から中学3年生まで近所のECCに通っていたが、学校の英語の成績は特に良いというわけではなく普通。
高校の英語の授業(文法と会話)は退屈すぎていつも寝ていた。(そもそも授業に出ていなかった??)

・クラブ活動(陸上部)を続けながら出来るバイトということで朝5時から朝日新聞の朝刊配達(休みは月に1日)を約一年続ける。
そのバイト代でビートルズのCDを買い、学校の授業をサボっては映画館へ洋画を観に行っていた。毎日ウォークマンでビートルズの音楽を聴き続け、ポールマッカートニーLOVEだったので、彼のバンドの曲も好きになった。
そういえば高校二年のときに母親と二人で夜行列車に乗って、ポールのコンサートを観に東京ドームまで行ったこともあったな。


(京都駅地下の成城石井で買える出勤のお供)

・17歳のときに、単身ニュージーランドへ渡り、現地の公立高校2年生に編入。自由に履修科目を選ぶことができたので、English(国語)、Statistics(統計学)、Calculus(微分積分)、Biology(生物)、Geography(地学)、Horticulture(園芸)、Home Economics(家庭科)、そしてJapanese(日本語)を学ぶ。日本語クラスの定期試験は、作文(指定された表現を使って文章を書くなど)が多かった。

高校2年の国語(英語)クラスで、J.D.サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』を原文で読み、生まれて初めて英文学の魅力に触れる。

国語授業の進め方もとても面白かった。読書日記をつけたり、自由課題の提出物があったり、レポート(論文)をまとめる課題も多かった。想像力と創造力が高められる授業だったように記憶している。

・全国統一試験(日本で言うセンター試験)を受験し、オークランド大学へ入学・卒業。

大学では教育学、心理学専攻。社会学副専攻。

様々な教授法、評価法、児童・青少年心理学を学ぶ。

単位のために何となく履修した中国語。
文法は大きな教室で講義形式。あとは少人数制のクラスで徹底的に会話(発音)、応用練習をするので、書けるだけではなく会話ができなくては単位がもらえない。
日本の言語教育とは根本的に何かが大きく違うと感じた。

・帰国後、NCB英会話教習所(残念ながらすでに倒産)へ入社。教務スタッフとして生徒カウンセリング、講師管理、営業に携わる。英語講師としてもトレーニングを受け、レッスンを担当。これが初めての「教える」経験。

・仕事をしながら放送大学で心理学の勉強を続ける。

・話は前後するが、当時まだ大学生だった夫と出会い、彼が通っていた同志社大学の心理学の授業に潜りで入らせてもらったら、先生が一方的に話をするだけで、生徒が誰も質問しないのに驚いた。オークランド大学で学んだ心理学の内容と同じはずなのに、同じ科目を学んでいるとは思えないほど教え方のアプローチというかスタイルが違った。


(ある日のランチ)

・26歳で結婚後、中学校の先生を目指すべく佛教大学の英語英米文学科通信課程3年次に編入。大学卒業時に教員免許(高校英語Ⅰ種、中学英語Ⅰ種)を取得。

スクーリング(英語関連科目)では、形だけの英会話レッスンや、ただ順番に訳していくだけの授業の退屈さにカルチャーショックを受ける。

・大学の課題とスクーリングをしながらできる仕事ということで、EC◯とAE〇〇の英語講師採用試験に応募・合格し、両方のトレーニングを修了。結果的には仕事をより多くもらえそうだったAE〇〇で非常勤講師として勤務をする。

それぞれの社風も違ったし、カリキュラム、レッスンの雰囲気、教授法も個性があり勉強になった。

AE◯◯では、会話クラス・TOEFLクラス・英検一級クラスを担当。場所柄、生徒さんは医師、教員、京大生、公務員が多かった。

海外の学会で英語プレゼンテーションをする医師のプライベートレッスンも担当。

英検クラスを教え始めてから、生徒さんに「先生は英検Ⅰ級持っておられるのですか?」と質問され、思わず「はい」と答えたものの実際には受験したことがなく慌てて受験したら優良賞をいただいての合格。まぐれかもしれないと思い、次男を出産後もう一度受験したら、無事合格でひと安心。
高校と大学で習得した、多岐にわたる分野の語彙や知識が合格の助けになったと感じた。

・紫明幼稚園でⅠ年間(もしかしたら2年間思い出せない)、週一回の年中・年長クラス英語クラスを担当。

歌やチャンツ、ゲームなどの活動メインのカリキュラム。


(愛娘Gigi)

・28歳のときに教員免許取得見込みという状態で京都市立中学校への勤務開始。英語の授業で使うプリントの英文にはすべてカタカナがふられている…地域間での学力差を目の当たりにし、愕然とする。

・小中連携のモデル校として脚光を浴びた京都市立御池中学校で一年間常勤講師として勤務。中学1,2,3年と育成学級の授業を担当。分割授業、中学校でのフォニックス指導を経験。通常学級に在籍する、英語が読めない、書き取れない(文字として認識できない)生徒たちと出会う。

ちょうどこの年から御池中学校全学年、地域の小学校6年生に導入された『フィンランド・メソッド』についても学校で研修を受ける機会に恵まれた。
その後どうなったんだろう。まだ続けているのかなぁ。メソッド自体は素晴らしいのだけど…ね。

次の年に教員採用試験に合格。京都市立中学校英語科教諭となる。三年連続で担当学年は中学三年。学校制度、評価制度、受験制度の闇を目の当たりにする。積み重ね教科の英語を、一斉授業で行うことの限界も感じた。
be動詞がわからないまま中学3年生の授業を受け、受験に至る子どもがどれほど多いことか…。

・退職後、USJで英語通訳として勤務、現在に至る。
その間にも同時進行で複数の仕事をしている⬇

・自身主宰子ども英語クラス”Pepper English”を開始。

・半年間、非常勤講師として京都府立聾学校高等部で英語授業を担当。文法の基礎定着の重要性を再確認する。

・立命館大学臨床心理学部1回生の英語クラスを担当。アクティブラーニング(生徒主導型授業)スタイルの教材作り、多読教材選定にも携わる。大学での授業は今まで経験した中で一番楽しくてやりがいもあったが、授業準備(教材作成)が大変で、スケジュールに縛られることも息苦しく、一年で辞退。


(京都あけぼの文化サロンでのクラス)

・昨年度春より、学習支援を必要とする子どもたちの通う施設で英語クラスを担当。Jolly PhonicsとBBカードを使ったレッスンが好評で、個性豊かな子どもたちが英語を楽しんでくれている。

中でもBBカードは、様々な発達障害を持つ子どもたちの異年齢集団のグループレッスンでも威力を発揮。BBカードの魅力と可能性を目の当たりにし、一番驚いたのは私だと思う。

施設長さんも、じっとしていることが苦手な子どもたちが集中してグループレッスンの間座っていることが出来るというだけでも信じられないぐらいなのに、BBカードセンテンスを楽しそうに口ずさみ、ゲームが成立していることにもビックリするとおっしゃっていた。

自身主宰のクラスでもかれこれ2年ほど?使ってきたBBカード。小学生から中学生まで、レッスン振替などの関係で中学1年生と小学校2年生が一緒にレッスンを受けることもある私の教室。

意外と異年齢集団のほうが子供達一人ひとりが得るものも大きいような気がする。年齢を問わず楽しめるBBカードは、大人の生徒さんたちにも人気。

これを、今後どのように更に実践的な英語力定着につなげることができるのか、学びを深めるため、今週末はBBカード考案者 難波先生の講習を受けに東京まで行ってきます。

様々な教授法、教材、教育現場に触れてきた私を虜にするBBカードの魅力について、より多くの方に知っていただけたらとの思いから、
6月28日(木)『あけぼのマルシェ』にて
無料おはなし会「BBカードって何?何度も英語学習に挫折した方にこそ知ってほしい嘘のような本当の話」を開催します。

勧誘などは一切ありませんので(BBカードはAmazonでどなたでもご自由に購入できます→リンク☆)、お気軽にお越しくださいませ(予約不要)。

***************

《橋爪ひとみ主催イベント》

凸凹バンザイ!「虹色紫陽花♡あけぼのマルシェ」
http://wp.me/p8gqJe-FG

2018年6月28日(木)

10:00〜15:00

入場自由・無料

場所:『京都あけぼの文化サロン』http://pink-roses6.wixsite.com/kyotoakebono/about1-c1z94
(地下鉄鞍馬口駅より徒歩5分、京都駅より20分)
(近くにコインパーキング多数あり)

***

《橋爪ひとみ 無料おはなし会》
「BBカードって何?
何度も英語学習に挫折した方にこそ知ってほしい嘘のような本当の話」

11:00〜11:30

参加費無料・予約不要

***************


(先週末参加したマーシャルエキサイトコンテストにて。
肋骨強打の痛みのため2週間体を動かすことができず
練習なしのぶっつけ本番…
痛みに耐えて出場なんて、なんかすごいアスリートみたいですが
ただのド素人…運動不足により体重3キロ増量し体が重たいです)

【Spice up your life with English!】
英語のある人生はオモシロイ!

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰