第16回B.B.サマーワークショップ in 東京・亀戸

Attended the B.B. English Teaching Method Workshop in Tokyo.
先日、朝一番の新幹線に飛び乗り、東京・亀戸で開催された「第16回B.B.サマーワークショップ」に参加してきました。



1977年生まれ、私と同い年のB.B.カード。
他の先生方の発表、ゲームアイディアのシェア・実演、B.B.カード考案者の難波先生(写真左⬆ なんと御歳80代半ば⁈)やベテランの先生方のお話を存分に聴く機会などなど、盛りだくさんで大満足のワークショップでした。

手作り、安心安全材料にこだわった「亀戸升本本店」さんのお弁当も素晴らしく美味しかった。



その後の懇親会では、北は北海道、南は沖縄から来られた参加者さんたちとゆっくりお食事。なぜか人生談義にも花が咲き…厚かましくお邪魔した二次会でも、B.B.カードやB.B.メソッドの奥深さについてコアなお話を伺うことができました。


(わかる人にはわかる!Betty Botterちゃんバッジ♡)


-子ども(学習者)中心にすすめるメソッド。マニュアルはない。

-得意なこと、好きなことを伸ばす。

-よく観察し、細かいことにも気づき、褒める(大げさに褒めるわけではなく、ちょっとした声かけ)。
→自己肯定感を高める。

-楽しいときが学ぶとき。

-小学校は言語としての感覚を育てる時期。繰り返しの重要性。

-教えこまない。子どもが自分で気づく機会を奪わない。

-日本人が中学生で初めて国語の文法を学ぶように、英語に関しても帰納法で理解できるようになる。

-中2で花開く。保護者への説明、価値観共有の重要性。

-自立に向けての教育方針。

-言えるが先。知は後。考える力、言葉に対する想像力を育てる。



などなど…これらは、私が書き留めたメモの一部。育児にも共通する宝石のような言葉やエッセンス、ヒントが沢山ちりばめられたワークショップでした。

これから時間をかけて消化、吸収し、クラスの生徒たちや自分の子どもに、還元していきたいと思います。

難波先生もセルムの講師陣も、あったかくて人間としての魅力に溢れる方々ばかり。他者に対してもB.B.式、セルム 的なアプローチを実践されている姿が印象的でした。

諸先生方、ご一緒した皆さま、ありがとうございました!

***

《橋爪ひとみ主催イベント・講座》
 ・
私の母 山野井珠几主宰「あけぼの書道教室」にて
夏休み書道体験教室を実施します。
 ・
詳細はfacebook「京都あけぼの文化サロン」ページにて。
 ・
新しく始めたブログ
 ・
***
偶数月28日開催『あけぼのマルシェ』
2018年8月28日(火)
10:00~15:00
「京都あけぼの文化サロン」にて
***

橋爪ひとみ
Hitomi Pepper
http://hitomi.pepper.jp/
英語通訳・三兄弟の母・
米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスコーチ・
“Pepper English”主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください