30代最後の決意表明

【30代最後の決意表明】

今日はひとつ
大きな決断をした。

正式に
来年度の大学講師の仕事を
辞退する意向を伝えたのだ。

最後の授業を終えたとき
もう自分の中では決まっているはずだったのに…

学生たちとの別れがあまりにも辛くて
「もし来年もあのキャンパスにいれば
また彼らと会えるのかな」と
後ろ髪惹かれる想いだったのもあるし

「多読やコーチングなど
自分が興味のあることに携わることができる
内容の授業だから、
二年目は更に学ぶことがあるのではないか。
石の上にも三年って言うし…」

「大学講師の仕事を手放すなんて
やっぱりもったいないかも」

「実家の母も夫の母やおばあちゃんも
不規則な通訳の仕事よりも
私が大学での仕事を続けることを望んでいるんやろうな」

などなど…

そんな考えが頭の中をグルグル回り続けていた。

そんなときに
心友がかけてくれた言葉

「そこが自分の身を置くべき場所かどうかは
自分の心が知ってるんじゃないかな」

 

これまでに「英語を教える」立場として
幼稚園、
中学校、
高等学校、
大学、
おとな対象の語学学校で仕事をしてきた。

今現在も小学生対象のクラスを
自宅教室と『京都あけぼの文化サロン』で教えている。

英語は大好きだし、
自分の持っている力や経験が
誰かの役に立つのは嬉しい。

でも、大学の授業でみんなに「夢を追いかけて」
「Think outside of the box.
(既成概念にとらわれずに考えよう)」
と言いながら、
私は今までに死に物狂いで
自分の夢に向かい合ったことがなく

今だに世間の目を気にしたり
既成概念に囚われているということに
気づいてしまったのだった。

17歳で何の計画もないまま
単身ニュージーランドに渡り、
ホームスティ先の近所の公立高校の校長先生に直談判して
編入を許可してもらった。

現地で大学入学試験を受けて入学、卒業。
このときはさすがに勉強も頑張ったけど
自分の限界を感じるほどではなかった。

大学卒業後日本で就職。
就職先が決まるまでの間アルバイトをしていたホテルで
今の夫と知り合う。

当時ひどい失恋直後だった私は
ストーカー行為スレスレの熱意をもって私を追いかけてくれる
夫の存在をうれしく感じ、(詳しく知りたい人は直接聞いてね!笑)
すぐに同棲を開始。

数年後に結婚を考えるが母は猛反対!!
「将来のなさそうな この人
(当時彼は医療器具を取り扱う会社の社員だった)
と結婚するのであれば

何があっても自分ひとりで子どもを育てていけるだけの
経済力を身につけるため
公立学校の教員(公務員)になりなさい」と言われ

26歳の春、結婚と同時に通信制大学3年生に編入。
卒業時に中高英語科教員免許を取得し
公務員として京都市教育委員会に採用される。

その後鬱になって休職、
三人の男の子を出産。

なんだかこうして自分の人生を振り返ってみると
とことん行き当たりばったりだなと思う。

もう今週末で40歳になるなんて信じられないわ、ほんと。

まだ白髪はない(と思ってる)けど
顔の皺は増えた。

三人の子宝に恵まれ
ずっと憧れていた陽の当たる家に住み
大学講師・某テーマパークでの通訳の仕事と自宅での英語教室

「現状に満足して
謙虚に生きなさい」と
実家の母はいつも言う。

これ以上望むのは
贅沢なのかもしれないし
ただの身勝手なのかもしれない。

だけど、今
自分の恐れに立ち向かわなければ

きっと私は一生後悔する。

小学校卒業のアルバムに書いた
将来の夢は「通訳」

私は通訳として
今のままで終わりたくない。

自分がどこまでいけるのか
己の限界に挑戦してみたい。

どんな分野で
具体的にどんなことをするのか

それはまだまだ見えていない…

だけど、心の声に耳を傾けると
私が一番わたしらしく輝いているのは

無心になって通訳をしているときだという
答えに辿り着いたから。

失敗するのは怖い、
恥をかくのは嫌だ、
現状を手放すには勇気がいる、
今のままの生活を続けるほうが楽に決まっている。

でも自分に嘘はつけない。

だから
今まで逃げてきた自分の弱さに
立ち向かってみることにしよう。

自分でスケジュールを組める
自宅教室での おとな英語クラス、
子ども英語クラスは今までのペースで続けま〜す♪

「ひとみ先生」としてではなく
ともに英語を学ぶ同志の「ひとみさん」として
みんなの
英語の先にある夢の実現のお手伝いをしたいと思うから。

大学で私と関わってくれた大好きなみんな、
本当にありがとう♡

これからも、
Hitomi Pepperをどうぞ宜しくお願い致します(^^)

【Spice up your life with English!】
(英語のある人生はオモシロイ!)

Hitomi Pepper
***********************

【2月おとな英語クラス】

「コラージュで叶える”My next trip”」

http://hitomi.pepper.jp/2017/01/31/%EF%BC%92%E6%9C%88%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%AA%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E2%98%86%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%81%A7%E5%8F%B6%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%8Cmy-next-tri/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です